歯周病・小児歯科に取り組む・ごきそ歯科
ひとりごと
  • HOME »
  • ひとり言

ひとり言

御器所の名前の由来

みなさん御器所(ごきそ)と言う地名の由来をご存知でしょうか??

御器所の地名は古く、すでに鎌倉時代に見られたそうです。御器所の由来について『尾張志』は「御器所荘」として「府城東南一里にあり。此地は古(イニシヘ)熱田御神領にて、神事に用る土器を調進する故に御器所と名つけたるよし」と記している。

昔はごきそ大根が有名だったように畑や沼が多い地域だったそうです。

2009/10/01  ごきそ歯科医院

この記事を読まれた方は下記の記事も合わせて読まれています。

御器所西城 昭和区の城跡

御器所八幡宮を御存知ですか? ごきそ歯科医院

矯正の講習会に参加しました

矯正の講習会

9月27日(日)に福岡にて開催されてた伊藤正彦先生(福岡県開業)主催の矯正臨床セミナーに参加してきました。昨年から月に一回参加しているコースで、今回は前歯の歯並びを改善する為の装置を作る勉強会でした。

近年、矯正治療のニーズが高まってきております。欧米では歯並びが悪いとそれだけでその人の評価が下がってしまうそうです。最近若いタレントさんや女子アナウンサーは、きれいな歯ならびの人が多いと思いませんか。これからは、特に人と接する職業につく場合は、良い歯ならびが大切な要素の一つとなってくるかも知れません。

見た目の改善は矯正治療の大きな目的の1つですが、目的はそれだけではありません。歯をきれいに並べることによって歯磨きをしやすい環境を作って歯周病の予防をします。また、よく噛めるようになるのでいつまでも楽しく美味しいものが食べれるようになるのでアンチエイジングとしての効果もあります。

2009/09/29 ごきそ歯科医院

お口の健康管理してますか?

みなさん、お口の健康管理(メインテナンス)をしてますでしょうか?

先進国では近年虫歯(カリエス)が激減しているというのに、日本では30年前と比べてもそんなに減っていないそうです。

なぜでしょう?

考えられる理由として、歯科医院にお口の健康維持のために定期的に通ってメンテナンスをしている方は人口の2%に過ぎないという事が大きな問題として考えられます。

定期的なメンテナンスによって虫歯(カリエス)、歯周病が予防できるというのはもはや世界の常識。しかも、長い目で見ると歯科にかかるコストもむしろ節約になるということが証明されています。

ごきそ歯科医院は開業当初から予防歯科の概念を取り入れてきています。そのため、いまでは本当に多くの患者さんが治療ではなく予防(メンテナンス)で来院されています。ごきそ歯科医院の衛生士は予防のエキスパートです。なんでも聞いてください。

予防歯科治療に関してはこちらからどうぞ。

2009/09/02  ごきそ歯科医院

アロマテラピーについて。

aroma

ごきそ歯科医院ではアロマテラピーを積極的に取り入れています。現在はペパーミント、ゼラニウムブルボン、オレンジスイートを交互に使っています。

ペパーミント:気分爽快な、辛味と甘さがある清涼感のあるクリーンな香りです。心、精神に活力を与えます。興奮を鎮めて冷静さや平常心を取り戻したいときに 使います。

ゼラニウムブルボン:バラに似た香りの中にミントを思わせるグリーンでハーバルな香りです。

オレンジスイート:果実そのままの甘い香り。

2009/09/01   ごきそ歯科医院

インプラントセミナーに参加しました。

インプラントセミナー

8月30日の日曜日を利用してノーベルバイオケア社主催のセミナーに参加しました。熊本県開業で国内外でも活躍されている中村社綱先生が講師でした。

今回のメインテーマはショートインプラントと傾斜埋入でした。

最近では骨を人工骨で作ったり、ほかの部位から移植したり、自分の細胞から骨を培養して作ったりと、いろいろな方法で骨を作ることによってインプラント埋入の可能性が広がってきてます。一方で、移植に伴う手術による体への負担、必ずしも成功するとは言えない手術へのリスクを回避するため骨増生を行うのではなくショートインプラントを利用したり、傾斜埋入と言ったテクニックを使って残された骨を有効に利用して手術のリスクを軽減しようと言う考え方も広まってきました。

インプラント発祥の地、スウェーデンでは昔からショートインプラントや傾斜埋入を利用して骨増生手術を可能な限り避けてきたそうです。その理由として、「スウェーデン人はお金が無いから余計な手術をやっている経済的余裕が無いんだ」と半分本気、半分冗談で大学教授が話していたそうです(笑)。倹約家のスウェーデン人らしい一言ですね。

どんな方法で骨を作ったとしても、やはり既存の自分の骨に勝るものは無いと私も考えています。

セミナーの最後に演者からインプラント治療の開発者であるブローネマルク教授が40年以上前に手術した患者さんの現状を聞くことが出来ました。

患者さん、教授共に杖をついて病院に来たようですが二人ともお元気で、患者さんのインプラントも40年以上経った今でも十分に機能しているそうです。

その状況を知って、改めてインプラントのすごさを感じるよい機会となりました。

2009/09/01  ごきそ歯科医院

改装しました!

みなさんこんにちは。

この度ごきそ歯科医院はお盆休みを利用して院内の改装をしました。

今まで以上に来ていただく方々に快適な空間を提供できるよう歯科医師始め、スタッフ一同努力していきます。

これからもよろしくお願いします。

 

ごきそ歯科医院   2009/08/26

« 1 6 7 8
PAGETOP