歯周病・小児歯科に取り組む・ごきそ歯科
ひとりごと
  • HOME »
  • ひとり言

ひとり言

顔の役割とは

100年後の日本人はどんな顔??  日本人の顔が危ない??

東京大学名誉教諭で日本顔学会会長の原島博氏の話によると、人間の顔はまず「口」がエネルギーの取り入れ口としてでき、進化の過程を経て目、鼻、あご、歯、首、まぶたなどの器官が付け加わっていった。

そして、ヒトが直立歩行の結果手を使うようになると、本来のエネルギーの取り入れ口としての機能だけでなく、コミュニケーションの道具(メディア)としても大きな役割を果たすようになったという。

もっと大切にしてほしい「口」

原島先生の話では現代人の「口」について「食生活の変化などで、エネルギーの取り入れ口としての機能が退化している」と警鐘を鳴らし、「口はコミュニケーションの最重要メディア。もっと大切にしてほしい」と呼びかけています。

同氏の話では日本人の100年後の顔は、顎が極端に細くなった宇宙人の様な不気味な顔になる可能性があるという。

最近の子供の顎の形を見ているとなんとなく頷ける気もする。最近の子供は顎が細いので特に前歯が生えるスペースが足りずに、叢生(歯並びが悪い状態)になる傾向が強い。 

顔の大きさが違う殿様とお百姓

患者さんにも何度か話したことがありますが、江戸時代の殿様と農民では同じ時代を生きていたにもかかわらず発掘された骨を分析してみると、顎の大きさがまったく違っていたそうです。

その理由は簡単で、殿様は白米や柔らかい食べ物ばかりを食べていた。一方で、農民は堅い穀物ばかりを食べていたからです。食事の違いで顎を動かす筋肉の発達に違いが出て、結果的に顎骨の発達にも違いが出たのです。

子供の顎も小さくなってきている

最近の日本は欧米化によって食事の傾向が変化し、柔らかいものを食べることが多くなっています。それによって、しっかりとした顎の骨、筋肉が必要無くなっているから子供の顎も小さくなってきていると考えられます。すなわち、必要性が無いので、退化しているのです。

原島先生の話にもあったように、口は人間同士がコミュニケーションを取る最重要な器官です。それが退化してきているのは人間そのものが退化してきているのではと危機感を感じます。

顔は環境で変わる

人の顔は環境や気持によって大きく変わります。人間がいい顔になるためにはどうしたら良いか?と言うことを原島先生が提唱されているので添付したいと思います。

 「顔訓13カ条―いい顔になるために―」

  • 自分の顔を好きになろう。
  • 顔は見られることによって美しくなる。
  • 顔はほめられることによって美しくなる。
  • 人と違う顔の特徴は、自分の個性(チャームポイント)と思おう。
  • コンプレックスは自分が気にしなければ、他人も気づかない。
  • 眉間にシワを寄せると、胃にも同じシワができる。
  • 目と目の間を広げよう。そうすれば人生の視界も広がる。
  • 口と歯をきれいにして、心おきなく笑おう。
  • 左右対称の表情作りを心がけよう。
  • 美しいシワと美しいハゲを人生の誇りとしよう。
  • 人生の三分の一は眠り。寝る前にいい顔をしよう。
  • 楽しい顔をしていると、心も楽しくなる。人生も楽しくなる。
  • いい顔、悪い顔は人から人へ伝わる。

子供の歯並びについてはこちらでも説明しております

日本人と糖尿病

日本人は太っていなくても糖尿病になりやすい??

先日ネット上にて、このような記事が発表されていました。

これはとある製薬会社が発表したデータなのですが、日本人の体質について、「欧米人と比べて 血糖値を下げるインスリン分泌能力が低いため、太っていなくても糖尿病になりやすい傾向がある」と指摘しています。

これは、はっきりとした理由がわかっている訳ではないみたいなのですが、古い時代からの生活 を考えてみますと欧米人は牧畜民族ですので、ハンティングをして獲物を獲って生活していました。

一方で、日本人は農耕民族なので欧米人と違って肉類を多く食べてこなかった。それで栄養バランスが違ってくることによって膵臓の働き、発達にも違いが出てるのではないかと思われま す。

また、日本人は太っていなくても糖尿病になりやすい体質であることを知っている人は全体の4 割未満だそうです

最近は歯周病と糖尿病に大きな関係があることがよくわかってきています。

また近々、そのことについては詳しく書きたいと思います。

歯周治療に関してはこちらでも詳しく説明しております。

2010/01/21 ごきそ歯科医院

子供の予防歯科

1月に入ってから雪が降ったりと、随分と寒い日が続いていますが、みなさん風邪などは引いていないでしょうか?

と言いながら、私(副院長)は元旦の夜中に初詣に行った際に寒さのあまり風邪をひいてしまいました(汗)。

声が出にくかったため、説明も聞きづらいことがあったと思います。

申し訳ありませんでした。

さて、今年も様々な歯科に関する情報等を「ひとり言」では発信していきたいと思います。

日ごろ、患者さんとの間で話をしていること、新しい技術のこと、ごきそ歯科に関すること等々いろいろ書き込めたらと思っていますので期待してください。

子供の予防歯科について

今回は子供の予防歯科に関して書いてみようと思います。

最近の子供はお父さん、お母さんが子供のお口のことに関して興味を持たれている方々が多いこともあって、一生懸命子供の歯磨きをしたり、定期的にフッ素塗布をしている事が多いです。それによって、子供のカリエス(虫歯)は減ってきているようです。

子供のむし歯が多くなる時期

ただ一方で、お母さんが後磨きを止める頃(混合歯列期 乳歯と永久歯が混在する時期)から急に虫歯になる子も多くなっています。

理由として、小学校の高学年頃になると自分だけで歯磨きをする子が増えてくるからです。

きちんとした、ブラッシング方法が身に付いていれば問題ないのですが、自己流で十分なブラッシングが出来ていないことが多いようです。

生え始めの永久歯は脆弱

生え始めの永久歯はとても脆弱で、細菌感染(虫歯菌に感染)しやすくなっています。お母さんの後磨きから卒業するころまでにある程度の歯磨を自分で修得しないと、きちんとしたお口の管理が行き届かなくなり、カリエス(虫歯)が増えていく一方です。

ごきそ歯科では子供の歯磨き指導をとても重要と考えています。

歯科医師と衛生士がその子に合ったプログラムで無理のないブラッシング指導を行います。

一度削ったら復元はしない

永久歯は一生使わなくてはなりません。一度カリエス(虫歯)で削ったら二度と復元はしません。

ごきそ歯科のキーワードは「治療ではなく予防」です。

病気(虫歯)になってしまっては、歯は削らなくてはなりません。

小さいころから、しっかりと予防して病気から歯を守ることを習慣とすることが大切です。

詳しくは 「子供の治療・歯並び・予防(フッ素塗布)」のページをご覧ください。

新年のご挨拶

新年あけましておめでとうございます。

今年もごきそ歯科医院をよろしくお願いいたします。

私たちスタッフ一同、今まで以上に患者さんに快適に過ごしていただける医院を目指して努力してまいります。

2010/01/06 ごきそ歯科医院

顎関節症

近年、「顎が開きにくくなった」、「口を開けるときに顎の関節で音がなる」、「口を開けるときに痛い」、「朝起きると、妙に顎が疲れている」と言ったような、いわゆる顎関節症の方が増えてきているようです。

特に若い女性に多く見られるようになってきています。

ごきそ歯科では顎関節症の治療を積極的に行っています。

症状によって治療法は様々ですが、お薬によって治療したり、簡単なマウスガードを作って治療したりします。

「顎の調子が何かおかしい」、「顎で音がなる」などなど、ちょっとでも変だなと思ったら、我慢せずに一度、私たちに相談してみてください。

2009/12/16    ごきそ歯科医院

写真をアップしました。

12月に入って急に寒くなってきましたが、みなさん風邪は引かれていないでしょうか?

先日、ごきそ歯科の院内と私たち歯科医の写真を撮影しましたので早速HPにアップしました。ご覧下さい。

写真は私の親友であるHOPE CREATIVE カメラマン 小塚清彦 さんに撮影していただきました。

HOPE CREATIVEのホームページです。

http://www.hopecreative.net/

インフルエンザ予防 2009年

インフルエンザが流行っていますね。みなさんは大丈夫でしょうか??

ここではインフルエンザの基本的な知識と予防対策について書いてみようと思います。

インフルエンザとはウイルスによる感染症のひとつで、A型・B型・C型の大きく3つに分かれます。なかでもA型はウイルスの大きな変異をきたすため、世界的大流行(パンデミック)を起こすといわれています。

通常、12~3月に流行しているインフルエンザを「季節性インフルエンザ」といいます。季節性インフルエンザは、主にA型とB型のウイルスによって引き起こされます。

新型インフルエンザ

一方、ウイルスが変異して、新たに人への感染能力をもち、さらに人から人へと感染するようになったインフルエンザを「新型インフルエンザ」といいます。主に、変異したA型ウイルスによって引き起こされ、流行がおさまると季節性インフルエンザのひとつになっていく傾向にあります。

現在、世界的大流行を起こしている新型インフルエンザは、2009年4月、メキシコにおいて、初めて発生が確認されました。豚から人に感染し、やがて人から人へと広まったとの説から、発生当初は「豚インフルエンザ」とも呼ばれていました。現在では「パンデミック(H1N1)2009」という正式名称がつけられています。

誰もが感染する可能性のある病気

新型インフルエンザは、ほとんどの人がウイルスに対する免疫をもっていないため、誰もが感染する可能性のある病気です。しかし季節性インフルエンザとの共通点も多く、ワクチンで感染を未然に防いだり、早期に適切な治療を受けることにより重症化を防いだりすることも可能です。

大流行しているからといって慌てず、正しい知識を身に付けて、冷静な対応がとれるよう心掛けましょう。また、感染が疑われる場合には、早めに医師に電話で相談しましょう。

新型インフルエンザに関する知識

新型インフルエンザに関する知識について、簡単に整理しておきましょう。

● 新型インフルインフルエンザ(A/H1N1)の特徴

(1)感染したほとんどの人は、比較的軽症のまま数日で回復

(2)基礎疾患をもっている人は、重症化するおそれ

(3)多くの人が免疫を持たないため、季節性インフルエンザより、流行規模は大きく、感染者数も多いと予想される。季節性インフルエンザよりも、人に感染する力が強い。 (厚生労働省HPより)

● 基礎疾患って、具体的にどんな病気があるの?

ぜんそくなどの呼吸疾患・心疾患・糖尿病・腎臓病・ステロイド内服による免疫機能不全などです。持病がある方々のなかには、治療の経過や管理の状況によりインフルエンザに感染すると重症化するリスクが高い方がいます。特に手洗い、うがい、人混みを避けるなどして感染しないように注意が必要です。

● どうして、基礎疾患を持っている人は、インフルエンザにかかりやすいの?

答えは簡単!もともと免疫力が低下しているためです。

そこに新しく細菌やウィルスまで侵入してきたら、戦うことはできません。

また子供や高齢者、忙しくて疲れている人は、免疫力が下がっているので要注意!

● 日常生活において免疫予防って、どんなことをすればいいのでしょうか。

ポイントは5つ

(1)外出先から帰ったらまずは手洗い・うがいをしましょう。

石鹸を使って手首や指の間をしっかりと洗いましょう。消毒用アルコールも効果的です。

(2)人ごみをなるべく避ける。やむを得ず人ごみに行くときはマスクを使用しましょう。

(3)バランスのとれた食事

免疫細胞の材料となる、たんぱく質をはじめ、免疫細胞が多く集まる腸の健康のためヨーグルトなどの乳酸菌を積極的に取り入れましょう。

(4)質の高い睡眠

睡眠は疲労回復と同時に免疫力を高めてくれる大切な時間です。

(5)適度な運動

ウィーキングなどの軽い運動をすると全身の血流がアップして免疫力が高まります。

(6)ストレスをためない

「ストレスは万病のもと」。アロマを炊くなど、リラックスを心がけましょう。

これらの情報は必ずしも最新情報ではありません。最新の情報は下記のサイトにて必ずご確認下さい。

厚生労働省の情報サイト

矯正臨床ベーシックセミナー

11月15日(日)に福岡で月に1回参加している矯正歯科の勉強会に参加してきました。

今年で2年目ですが5月から始まったセミナーも今年は今回で終了しました。子供の矯正を中心に学んでいますが、大人の矯正(成人矯正)、部分的な矯正も学びました。

子どもの治療のページでも書いていますが、子どもの歯並び、顎間関係(上下の顎の関係)は乳歯列期から経過観察することが大切です。それは、時には乳歯列期に治療を開始したほうがよい不正咬合もあるからです。

子どもの歯並び、顔つきで「何か変だな」、「違う場所から歯が生えてきた」、「永久歯が生える場所が無いのでは」等々、ちょっとでも気になることがありましたら何でも相談してください。

2009/11/17  ごきそ歯科医院

環境分析の結果が出ました。

ごきそ歯科医院では診療室の壁と天井に光触媒(酸化チタン)を吹き付けることによって診療室内の空気の清浄化を行っています。

光触媒には汚れ防止、抗菌作用、消臭作用と共にホルムアルデヒド等の化学物質を分解する働きもあります。

今回は光触媒を吹き付ける前と後でシックハウス症候群の原因物質の1つであるホルムアルデヒドが分解されたというデータを環境計量士の方に計っていただきました。

吹き付け前の計測 平成21年9月6日   ホルムアルデヒド 0.015ppm

吹き付け後の計測 平成21年10月5日  ホルムアルデヒド 0.013ppm

実際、病院の中はホルムアルデヒド特有の刺激臭が消えて、病院独特の臭い(消毒薬、歯科薬剤等々の臭い)がほとんどなくなり、快適な空間を作ることが出来ました。

2009/11/06  ごきそ歯科医院

知覚過敏

今までは何でもなかったのに、冷たい物を飲食したり、歯ブラシの毛先が当たったり、風が当たるだけで「歯がしみる(痛む)」症状が出たら、それは知覚過敏かもしれません。

「たかが知覚過敏」、そう思うかもしれませんが、虫歯、歯周病が原因で知覚過敏になっていたり、知覚過敏を放置していると最悪、歯の神経を取らなければならなくなる可能性もありますので注意が必要です。

思い当たるような症状がありましたらお気軽に相談してください。

2009/10/28  ごきそ歯科医院

症例写真

症例写真をいくつかアップしたのでご覧下さい。

随時さまざまな症例を掲載していきたいと思っています。

2009/10/17  ごきそ歯科医院

矯正治療中のみなさんへ

矯正治療中はブラケットが歯の表明に貼り付けてあるために通常何もつけていない場合と比べてプラークが付着しやすく、またブラッシングも困難になりカリエス(虫歯)、歯周病になりやすくなります。

ごきそ歯科医院ではカリエス(虫歯)、歯周病になるリスクの高い矯正治療中の口腔内ケアを特に強化しています。私たちスタッフと一緒にリスクの高い期間を乗り切りましょう!

 

歯周病治療に関してはこちらからどうぞ。

2009/10/15  ごきそ歯科医院

味覚障害

近年、味が全くしない、味が薄く感じるようになってきた、特定の味がわからない、苦味や渋味がする、本来の味とは違う味がするといった様な味覚障害という症状をよく見かけるようになってきました。

原因は様々ですが、無理なダイエットや偏食による亜鉛の欠乏、血圧を下げる薬による影響、糖尿病や肝臓障害など全身の病気による影響、歯周病、口腔乾燥症など口の中の病気が原因となっておきるものなどがあります。

思い当たるような症状がありましたらお気軽にご相談下さい。

2009/10/10 ごきそ歯科医院

子供の口呼吸

口で呼吸をする理由はさまざまですが、最近多く見られるのが鼻づまり(慢性副鼻腔炎)で鼻で呼吸できなくなり口呼吸になってしまうものや、お口を閉じる筋肉(例えば口輪筋)が弱くなってきているなどの指摘があります。

子供で鼻づまりの症状が出ると、いつも上顎洞(副鼻腔)に炎症があるため上顎の成長が妨げられて顎が十分に成長できず結果的に歯が生えるスペース不足になり歯並びが悪くなってしまうことがあります。また、お口の周囲の筋肉が弱くても歯並びにも影響を与えます。

お口の周囲の筋肉が鍛えられると、口が閉じるだけではなく、笑ったときにほおが上がりやすく、明るい表情になります。女性の場合は美容はアンチエイジングの面でも効果が期待できます。

2009/10/06  ごきそ歯科医院

光触媒で入れ歯の殺菌??

さまざまなシーンで活用されている光触媒ですが、医療での応用もかなり進んできています。

最近では光触媒で入れ歯の殺菌なんてこともできるようになっているようです。

夜、入れ歯をはずして光触媒を塗布したケースに入れてブラックライトの光をあてると入れ歯の臭いもなくなるそうです。

これからの高齢化社会、手軽にできる入れ歯のケアにはかなりのニーズがあるかもしれませんね。

2009/10/02   ごきそ歯科医院

御器所の名前の由来

みなさん御器所(ごきそ)と言う地名の由来をご存知でしょうか??

御器所の地名は古く、すでに鎌倉時代に見られたそうです。御器所の由来について『尾張志』は「御器所荘」として「府城東南一里にあり。此地は古(イニシヘ)熱田御神領にて、神事に用る土器を調進する故に御器所と名つけたるよし」と記している。

昔はごきそ大根が有名だったように畑や沼が多い地域だったそうです。

2009/10/01  ごきそ歯科医院

この記事を読まれた方は下記の記事も合わせて読まれています。

御器所西城 昭和区の城跡

御器所八幡宮を御存知ですか? ごきそ歯科医院

矯正の講習会に参加しました

矯正の講習会

9月27日(日)に福岡にて開催されてた伊藤正彦先生(福岡県開業)主催の矯正臨床セミナーに参加してきました。昨年から月に一回参加しているコースで、今回は前歯の歯並びを改善する為の装置を作る勉強会でした。

近年、矯正治療のニーズが高まってきております。欧米では歯並びが悪いとそれだけでその人の評価が下がってしまうそうです。最近若いタレントさんや女子アナウンサーは、きれいな歯ならびの人が多いと思いませんか。これからは、特に人と接する職業につく場合は、良い歯ならびが大切な要素の一つとなってくるかも知れません。

見た目の改善は矯正治療の大きな目的の1つですが、目的はそれだけではありません。歯をきれいに並べることによって歯磨きをしやすい環境を作って歯周病の予防をします。また、よく噛めるようになるのでいつまでも楽しく美味しいものが食べれるようになるのでアンチエイジングとしての効果もあります。

2009/09/29 ごきそ歯科医院

お口の健康管理してますか?

みなさん、お口の健康管理(メインテナンス)をしてますでしょうか?

先進国では近年虫歯(カリエス)が激減しているというのに、日本では30年前と比べてもそんなに減っていないそうです。

なぜでしょう?

考えられる理由として、歯科医院にお口の健康維持のために定期的に通ってメンテナンスをしている方は人口の2%に過ぎないという事が大きな問題として考えられます。

定期的なメンテナンスによって虫歯(カリエス)、歯周病が予防できるというのはもはや世界の常識。しかも、長い目で見ると歯科にかかるコストもむしろ節約になるということが証明されています。

ごきそ歯科医院は開業当初から予防歯科の概念を取り入れてきています。そのため、いまでは本当に多くの患者さんが治療ではなく予防(メンテナンス)で来院されています。ごきそ歯科医院の衛生士は予防のエキスパートです。なんでも聞いてください。

予防歯科治療に関してはこちらからどうぞ。

2009/09/02  ごきそ歯科医院

アロマテラピーについて。

aroma

ごきそ歯科医院ではアロマテラピーを積極的に取り入れています。現在はペパーミント、ゼラニウムブルボン、オレンジスイートを交互に使っています。

ペパーミント:気分爽快な、辛味と甘さがある清涼感のあるクリーンな香りです。心、精神に活力を与えます。興奮を鎮めて冷静さや平常心を取り戻したいときに 使います。

ゼラニウムブルボン:バラに似た香りの中にミントを思わせるグリーンでハーバルな香りです。

オレンジスイート:果実そのままの甘い香り。

2009/09/01   ごきそ歯科医院

インプラントセミナーに参加しました。

インプラントセミナー

8月30日の日曜日を利用してノーベルバイオケア社主催のセミナーに参加しました。熊本県開業で国内外でも活躍されている中村社綱先生が講師でした。

今回のメインテーマはショートインプラントと傾斜埋入でした。

最近では骨を人工骨で作ったり、ほかの部位から移植したり、自分の細胞から骨を培養して作ったりと、いろいろな方法で骨を作ることによってインプラント埋入の可能性が広がってきてます。一方で、移植に伴う手術による体への負担、必ずしも成功するとは言えない手術へのリスクを回避するため骨増生を行うのではなくショートインプラントを利用したり、傾斜埋入と言ったテクニックを使って残された骨を有効に利用して手術のリスクを軽減しようと言う考え方も広まってきました。

インプラント発祥の地、スウェーデンでは昔からショートインプラントや傾斜埋入を利用して骨増生手術を可能な限り避けてきたそうです。その理由として、「スウェーデン人はお金が無いから余計な手術をやっている経済的余裕が無いんだ」と半分本気、半分冗談で大学教授が話していたそうです(笑)。倹約家のスウェーデン人らしい一言ですね。

どんな方法で骨を作ったとしても、やはり既存の自分の骨に勝るものは無いと私も考えています。

セミナーの最後に演者からインプラント治療の開発者であるブローネマルク教授が40年以上前に手術した患者さんの現状を聞くことが出来ました。

患者さん、教授共に杖をついて病院に来たようですが二人ともお元気で、患者さんのインプラントも40年以上経った今でも十分に機能しているそうです。

その状況を知って、改めてインプラントのすごさを感じるよい機会となりました。

2009/09/01  ごきそ歯科医院

改装しました!

みなさんこんにちは。

この度ごきそ歯科医院はお盆休みを利用して院内の改装をしました。

今まで以上に来ていただく方々に快適な空間を提供できるよう歯科医師始め、スタッフ一同努力していきます。

これからもよろしくお願いします。

 

ごきそ歯科医院   2009/08/26

« 1 6 7 8
PAGETOP