歯周病・小児歯科に取り組む・ごきそ歯科
ひとりごと
  • HOME »
  • ひとりごと »
  • 予防

タグ : 予防

せっかく100年生きるなら

【人生100年時代】

最近よく聞くフレーズですね。

医療技術の発達とともに平均寿命がどんどん延びて、普通に100歳くらいまで生きる時代がやってきています。
65歳くらいで退職し、残りの35年をどのように生きるか本気で考えなくてはならない時代です。

ここで大切になってくるの健康寿命です。

健康寿命とは元気に自立して過ごせる期間のことです。

せっかく100年生きるのであれば出来るだけ健康寿命を延ばす努力をしたいものです。

 

そこで大切なキーワードとなるのが【歯を残す】と言うことです。

数ある予防医学の中でも歯を残すことに力を注いでほしい理由として

 

①美味しいものを食べるため

人間、最後に残る欲求は食欲と言われています。やっぱり美味しいもの食べたいですよね。旅行先で美味しいもの食べたいですよね。食べる楽しみが減ると生きる喜びも減ってしまいます。100年健康で生活するためにはしっかり食事ができるお口の環境を若いころから意識して整える必要があります。

②いろいろな食べ物を摂取することで栄養が偏らない

歯がない。グラグラしている。などで食べたいものが限られてしまう方が沢山いらっしゃいます。人間の体は食べたものでできています。食べるものが偏ってしまえば栄養が偏り、健康な体を維持することが困難になります。
色々な食べ物を摂取することで栄養に偏りが無いことが丈夫な体を作る基本です。

③噛む行為が脳を活性化し認知症を防ぐ

噛む行為が脳に刺激を与え、認知症の予防になることが分かってきています。
噛めなくなるとその反動で嚥下(飲み込み)力、唾液の分泌も低下してゆきます。
また、しっかり噛み、お口の周囲の筋力を鍛えることで誤嚥性肺炎のリスクも下げることが出来ます。
噛む行為が実は健康で生きるためにはとても重要な因子になっているのです。

歯を残すメリットはまだまだたくさんあります。

ぜひ人生100年時代を意識した健康維持を若い時から意識してほしいです(^^)

 

新しい虫歯予防①

ごきそ歯科医院で以前から使っている(株)松風のコンポジットレジン。コンポジットレジンは一般的に虫歯治療後に歯に詰める材料ですが、ごきそ歯科医院で使っている材料は大きな特徴があります。

それは、S-PRGフィラ―含有なんです。

何それ??って感じですよね

これは(株)松風が独自に開発したバイオアクティブな材料です。簡単に説明すると、このフィラ―から様々な歯にとって有益なイオンが放出されるんです。

ごきそ歯科医院の歯科治療では、このS-PRGフィラ―が含まれている材料を使っています。

一体、どのようなイオンが放出され、それによってどのような予防効果があるのかを順を追って説明しますね(*^_^*)

 

14825816_767027280105047_1166127458_n

歯で苦労されてる方が多いのです

ちょっと気になる記事がありましたので紹介しますね。

2012年11月12日号の「PRESIDENT」誌の『リタイア前にやるべきだった後悔トップ20』の健康の後悔の1位は「歯の定期健診を受ければよかった(283ポイント)」だったそうです。

この記事からも歯で苦労されている方が多いことが分かります。

歯科医院の現場では、以前と比較すると定期的に歯のクリーニングをして歯周病や虫歯の予防をされている方が増えてきていることも事実ですが、全体的にみるとまだまだ予防の大切さが浸透しているとは思えません。

歯を失っても、入れ歯やインプラントである程度の見た目と機能を回復することは可能です。

しかし、ご自身の歯以上の機能や見た目の回復はなかなか難しいのが現状です。

 

高齢化社会を迎えている中で、ご身の歯でいつまでも食事をするという事が私は一番健康で長生きする秘訣だと考えています。

食べたいものを食べる。

当たり前と思っていることが、普通にできなくなることほど苦痛なことはありません。

後で後悔しないように歯の病気の予防を普段から意識してみませんか(*^_^*)

 

この記事をご覧になった多くの方が下記の記事も合わせてご覧になっています。

ごきそ歯科の歯周病治療です。歯周病の原因と特徴

予防歯科治療をご存知ですか?

正しいブラッシング方法が歯周病、虫歯予防には大切です!

歯周病、虫歯予防にブラッシングは欠かせません。そして、正しいブラッシングには、歯ブラシの選び方、持ち方、動かし方、そして、どこを磨くか!!ということが重要になりますので、一つづつ説明いたします(*^_^*)

正しいブラッシング方法について

(1)歯ブラシの選び方

  1. ヘッド(毛の付いている部分)は小さめ
  2. 柄(手で持つ部分)はストレート
  3. 毛は柔らかすぎず、硬すぎず(柔らかめ~普通) 硬すぎると歯肉を傷つけてしまいます
  4. 毛の全体が平らなもの  山切りカットのような凸凹があるものはオススメできません

(2)歯ブラシの持ち方

プラーク(歯垢)を落としたいという、強い意識から、ついつい強い力でゴシゴシ磨きがちです。ペングリップ(鉛筆持)ちでやさしく磨いても十分に汚れは取れます。

(3)磨き方

一度に全体を磨くのではなく、小さな範囲(2~3歯)をこまめに磨きましょう(欲を言えば1歯づつ)。1ブロック(2~3歯)あたり10回(10往復)を目標にブラシを振動させるようにして動かしましょう。ブラシの動きが小さいほど、細かい汚れが効果的に除去できます。

(4)どこを磨くのか?

  1. 歯と歯の間
  2. 歯と歯茎の境目(歯の根元)
  3. 奥歯のかみ合わせの凸凹した部分

これらの個所を特に重点的に磨いてください。磨く順番を決めると磨き忘れがなくていいと思われます。また、歯ブラシがきちんと磨きたい場所にあたっているかを手鏡等で確認して磨いてください。

(5)歯ブラシの定期的な交換

毛が広がってしまった歯ブラシでは効果的なブラッシングは出来ません。高価な歯ブラシでも同じものをずっと使い続けていては意味がありません。小まめに変えて、毛が真っ直ぐな歯ブラシを使いましょう。

6)歯磨き粉の選び方

カリエス(虫歯)予防、歯周病予防、ホワイトニングなどの目的によって異なりますが、歯を健康に保つ(歯質の強化)ためにはフッ素やキシリトールが入っているものがオススメです。ただ、歯磨き粉はあくまでも補助的なものです。しっかりとした効果的なブラッシング方法で磨くことが大切です。


歯ブラシと歯

ごきそ歯科ではカリエス(虫歯)、歯周病予防を大切に考えています。治療の際に衛生士による適切なブラッシングのご指導をさせていただいています。

適切なブラッシング方法を身につけて、カリエス(虫歯)・歯周病を予防し、いつまでも自分の歯で食事ができるようになりましょう。

その他にブラッシング、歯間ブラシに関する記事をアップしていますので、合わせてご覧ください。

1、いつまでも美しい歯で!パナソニック ポケットドルツ(携帯用電動歯ブラシ)の紹介

2、毛先が大切 ブラッシングをするうえでとても大切なことです

3、歯周病、虫歯予防には正しいブラッシングを  中日新聞に掲載されていました

4、歯間ブラシ 正しい使い方で使っていますか?

5、熱血指導といえば やはりこの人ですよね!! 松岡修三さんがブラウンオーラルBのお話をしています

ごきそ歯科の歯周病治療に関してはこちらからどうぞ。

バクテリアセラピーによる口内環境改革

スウェーデンの企業が開発した乳酸菌を使った歯周病やカリエスの予防に使えるサプリメントをごきそ歯科の歯周病サイトで改めて紹介しています。

バクテリアセラピーは口臭予防にも効果があると考えられるので、ぜひご覧ください。

 

ごきそ歯科の歯周病治療サイトはこちらからどうぞ。

認知症の病態・治療とその対応

昨日(11日)、診療終了後に、いつもお世話になっている介護施設アズーリの丘ごきそにて行われた講習会に行ってきました。

今回は、名古屋大学大学院医学系研究科精神医学講座教授 入谷修司先生による「認知症の病態・治療とその対応」という題目の講義でした。平日の夜だというのに、100名を超す介護関係者、お医者さんが集まりました。

認知症、アルツハイマー病といった脳神経疾患は、これだけ医学が発達した現代においてもまだまだ分からないことが多い分野です。完治をすることがまだまだ難しい現状では、原因を知り、予防をすることが大切になってきているようです。

現在、私も訪問先にて認知症の方と接する機会が増えてきています。

今回得た知識が今後役立つよう、努力していきたいと思いました(^v^)

認知症の病態・治療とその対応

黒毛舌をご存知ですか? 予防と治療法

黒毛舌は介護施設や在宅で往診をしている時に時々見られる、舌の病変です。予防法と治療法について書かせていただきます。

黒毛舌の予防と治療法

急に舌が黒くなるのでびっくりされることが多いと思われます。原因は様々ですが、抗生物質や副腎皮質ホルモンを使用中に菌交代症や口腔内の清掃状態が不良でも発症します。合併症としてカンジダ症が発症することもありますので特に免疫力の弱っている方々は要注意です。

舌もブラシでお掃除しましょう

予防と治療法としては、定期的な口腔清掃が何よりも重要となります。また、カンジダ症との関係性もあることから、抗真菌薬の内服、うがい薬を使ったりします。舌の状態は、その方の体の状態をも反映することがあります。

特に高齢者で免疫力の低下しているご老人は、口腔内清掃をするのと同時に舌もブラシでお掃除しましょう。

黒毛舌でお困りの御家族の方へ

黒毛舌でお困りの御家族の方から往診のご依頼をいただきます。ごきそ歯科医院では近隣の方への往診も行っておりますのでご相談ください。

ごきそ歯科医院の訪問歯科診療(往診)に関してはこちらからどうぞ。

この記事をご覧になった多くの方が下記の記事も合わせて読まれています

高齢者のお口の管理 いつまでも美味しく食事をするために今できること

口腔乾燥症(ドライマウス)・口臭とカンジダ

口腔メンテナンス治療 予防歯科治療をご存知ですか??

数年前までの当医院への受診の理由

数年前までの当医院への受診の理由は

     1 歯が痛い

     2 歯ぐきが腫れた

     3 歯が欠けた

     4 詰め物や被せ物がとれた

     5 入れ歯が壊れた・・・

                   といった主訴がほとんどでした。


ごきそ歯科の最近の傾向としては、カリエス(ムシ歯)にならないように、痛くならないようにと、早期発見・早期治療、さらにはこの先病気にならないための治療を求めて来院される方が増加しています。

う蝕が無い方、歯周病が軽度な方はこの先発症しない為のコントロールを、治療した方でも再発しないようにしっかりとコントロールしないとすぐに2次的にう蝕、歯周病が再発します。

そのため、ごきそ歯科医院では「口腔メンテナンス治療・予防歯科治療」という概念を作り患者さんにお話させていただいております。

研究論文の紹介

いつまでも自分の歯を残すためには定期的なメンテナンスが必要であることを示す1972年から30年間にわたる研究論文があるので紹介します。

The long-term effect of a plaque control program on tooth mortality,caries and periodontal disease in adults.  Results after 30 years of maintenance.  J Clin Periodontol. 2004 Sep;31(9):749-57.  P.Axelsson  B.Nystrom  J.Lindhe

この論文は歯周治療の権威であるAxelsson  Nystrom  Lindheらが500人以上の人を対象にテストグループとコントロールグループに分けて3年、6年、15年、30年ごとにお口の中をチェックしてデータを取って、定期健診(メンテナンス)の重要性の科学的根拠を示したものです。 始めの2年間は2ヶ月に1回、その後は3~12ヶ月に1回来院していただき、その都度歯科衛生士による染め出しと、PMTC(機械的歯面研磨)およびフッ素塗布を行った。
1971年のメンテナンス開始時の年齢によって、3つのグループに分けて、定期的にメンテナンスを行った人が30年間の間に失った歯の平均本数をみてみると、次のようになる。

30年間で失った本数

(1)20~35歳(メンテナンス開始年齢)  0.4本(50~65歳時で調査)  
(2)36~50歳(      :       )  0.7本(66~80歳時で調査
(3)51~65歳(      :       )  1.8本(81~95歳時で調査)  

平成17年に厚生労働省が発表した日本の年齢別の失った歯の平均本数(歯科疾患実態調査)と比較してみるとこの数字のすごさがよくわかります。


(1)50~54歳  3.7本  

(2)55~59歳  5.0本  
(3)60~64歳  7.1本

定期的なメンテナンスが大切

アクセルソン等の研究で歯を失った理由の大半は歯の破折で歯周病や虫歯で失ったのはわずかに21本だった。と言うことから、定期的なメンテナンスがいかに歯を失わずに保てるかと言うことがわかる。

また若い時期からしっかりとメンテナンスをしている人ほど歯を失っていないことがよくわかる。


また、30年間の間に新たに発生した虫歯の平均本数は、

(1)20~35歳(メンテナンス開始年齢)  1.2本

(2)36~50歳(メンテナンス開始年齢)  1.7本

(3)51~65歳(メンテナンス開始年齢)  2.1本

このうちの約80%は、以前に虫歯治療を行った部位の2次的な虫歯でした。

これらの結果からメンテナンスを続ければ、高齢になっても歯を失わないことがわかりました。

さらに、新たな虫歯の発生もほとんどないということを示しています。  このような長期にわたる研究結果をもとにごきそ歯科では歯科衛生士による定期的なお口のメンテナンスをみなさんにすすめています。

日本で定期的に歯科医院にてお口の健康管理をしている人は人口の2%に過ぎないと言われていますが、実は現代の歯科治療は予防こそが治療の主なのです。予防歯科の盛んなヨーロッパ(特に北欧)では日常的にお口の中のケアをしている人がたくさんいます。

口腔メンテナンス治療・予防歯科治療

ごきそ歯科医院が提唱させていただいている「口腔メンテナンス治療・予防歯科治療」は単に早期発見・早期治療をするだけではなく、患者さん一人ひとりの状態を把握し、一人一人に合った予防プログラムを考え、これから将来に向かって病気を作らないことを目標としています。

具体的には、プラークチェック(磨き残しのチェック)を必ずさせていただき、ブラッシングのお話をさせていただきます。また、歯石の除去、PMTC、フッ素塗布を行います。

この記事をご覧になった方は下記の記事も合わせてご覧になっています。

PMTCとはどのような治療法なのでしょうか?

PMTCを受けていれば虫歯や歯周病にならないのでしょうか? 

歯医者に行こう!

とあるアンケートで嫌いなものベスト10に歯医者が入っていました(涙)。確かに、歯医者好きですか?と聞いて、好きと答える方はほとんどいないでしょう。。

なぜ歯医者が嫌いなのでしょうか?

理由は簡単で、「痛い事をされるから」です。

そこで、私はいつも患者さんに「痛い思いをしないためにも歯医者に来てください」と話します。歯医者で痛い思いをした経験のある方の大半は、痛い状態になってから歯医者にお越しになられています。

歯科で一般的に治療をするカリエス(虫歯)や歯周病は未知の病ではなく誰でも予防が可能な病気です。すなわち、きちんとした知識と歯磨きの方法を知っていれさえすれば、そんなに簡単にはカリエス(虫歯)や歯周病にはならないのです。すなわち、歯医者で痛い思いをしなくても済むのです。

プロフェッショナルなサポートが重要

私達歯科医の仕事は痛くなってしまった歯を治す事はもちろんですが、それ以上に、カリエス、歯周病にならないためのプロフェッショナルなサポートが重要であると考えています。

これだけの情報化社会あるにもかかわらず、歯周病や虫歯の正しい予防法方法についてご存知の方は本当に少ないのが現状です。ごきそ歯科医院では治療の技術を提供する事はもちろんですが、それ以上に、患者さんがこれから先、できるだけ病気にならないための情報発信をする医療機関でありたいと思っています。

歯医者に行こう!

これから先、歯医者で痛い思いをしないために!

PMTCを受けていれば虫歯や歯周病にはならないのでしょうか?

患者さんから「PMTCを受けていれば虫歯や歯周病にはならないのでしょうか?」というご質問を頂きました。

極論を言えば、毎日PMTCを受けていただければならないでしょう。

ただそれはあまり現実的だとは思えません。

予防で大切な事は私達、歯科医師や歯科衛生士などによるサポートと患者さん自身のセルフケアのバランスが取れている事です。数か月に一度来院していただき私達が患者さんのお口のクリーニングをする事によって一時的にはキレイになります。

ただ、それだけではあまり意味がありません。生活習慣病である歯周病や虫歯の予防には患者さん自身によるセルフケアが欠かせません。私達歯科医師や歯科衛生士の役割はそのセルフケアの充実のためにサポートし情報提供することだと思っています。

すなわち、治療の成功のためには患者さん、歯科医師、歯科衛生士の協力関係が最も大切になってくるのです。

もちろん、お口のケアを患者さん任せにする事はありません。治療後は継続的なメンテナンスで歯科医院を上手に利用していただき、お口をいつもキレイにする習慣を身につけるサポートをさせていただきたいと思っています。

継続が習慣を生み・習慣は継続を生む 
この言葉が生活習慣病である歯周病と虫歯予防の全てを語っていると言っても過言ではありません。

 

この記事をご覧になった多くの方が下記の記事も合わせてご覧になっています。

口腔メンテナンス治療・予防歯科治療はご存知でしょうか?

未来の虫歯治療??

静岡県立大と京都大の研究チームが、虫歯の原因となる酵素の立体構造を分子レベルで解明したそうです。

これによって、酵素の働きを抑制する予防薬の開発が進むのではと期待されているそうです。

虫歯や歯周病は国民病とも言われているほど多くの人が罹患している生活習慣病です。新薬が開発されればその予防に効果がある事はよくわかりますが、生活習慣病である以上、病気の原因となった生活習慣が改善されなければ、再度虫歯や歯周病になります。

お薬を飲み続けることも出来ないと思います。

 

他の記事で何度も書いていますが、新しいお薬や、ケア用品はあくまでも口腔ケアの補助的な役割を担う物です。プラークが病因である以上、プラークをしっかり除去する習慣を身につけなくては、病気の予防にはなりません。

 

ごきそ歯科医院の予防歯科治療に関してはこちらからどうぞ。

歯並びと恋愛の関係??

おもしろいリサーチがあるので紹介します。

社会人計400人を対象に「歯並びと恋愛に関する調査」をしたそうです。その結果の中で「キスの時に歯並びが気になる」と答えた人が5人に1人もいたそうです。歯の矯正をするのであれば、婚活前に済ませておいたほうが良いのかもしれないですね(*^_^*)

矯正治療に対するイメージ

みなさんの、矯正治療に対するイメージはどのようなものでしょうか?
当院で患者さんに聞いたところ

  1. 治療費が高い
  2. 治療期間が長すぎる
  3. 興味はあるが、なかなか治療に踏み切れない

などなど

ブラッシングをしやすい口腔内環境を作る目的

矯正治療には歯並びを良くする効果がある一方で、ブラッシングをしやすい口腔内環境を作る目的もあります。

歯が前後的に重なっていたりすると、十分なブラッシングが出来ずに、虫歯や歯周病の原因になります。実際に歯周病の治療の一環で矯正治療を取りいれる事が多くなってきています。

一見、治療費が高いために敬遠されがちな矯正治療ですが、長い目で見ると利益ははかり知れません。

自分の歯で食事ができる口腔内環境を!

見た目をキレイにする事はもちろん、虫歯、歯周病対策のためにも矯正をして、いつまでも自分の歯で食事ができる口腔内環境を作る事をおススメしています。

 

 この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます

就職活動と歯科治療

ごきそ歯科医院の矯正治療(ごきそ歯科医院の矯正歯科専門サイト)

新一年生は虫歯になりやすい??

4月になり、新学期が始まりまるシーズンになりましたね。今年から小学校や中学高校に入学される方は特に期待と希望に夢を膨らませているのではと思います。

このように新しい生活が始まる時期は、実は虫歯ができやすい時期でもあります。

新小学生は少しずつ親の目の届かないところで遊んだり、お菓子を食べたりする事が多くなります。また、中学高校生にもなると、部活動や勉強で少しずつ夜型になり、夜食を食べたり、歯磨きしないで寝てしまったりという事が増えてきます。

ごきそ歯科医院ではお子さんの定期検診、予防歯科治療をとても大切に考えています。歯周病や虫歯も急に悪くなるわけではなく、小さいころからの積み重ねで少しずつ悪くなります。子供の時にしっかりとしたブラッシングを身につけ、予防が大切であるという概念を体で覚えないと、大人になった時にその付けが回ってきます。

定期健診では歯科衛生士による歯磨き指導、歯のお掃除、フッ素塗布などにより、虫歯、歯周病を予防します。ぜひこの機会に来院をおすすめします。

この記事をご覧になった多くの方が下記の記事も合わせてご覧になっています。

子供の歯科治療・小児歯科に関してはこちらからどうぞ。

子供だってデンタルフロス(*^_^*)

2010/04/09  ごきそ歯科医院

PMTCとはどのような予防法でしょうか?

プロの手によるメインテナンス

PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)とはセルフケアー(自宅でのブラッシングなど)だけでは十分にプラークコントロール(歯垢の除去)出来ない部分をサポートする治療です。

PMTCは専門的なトレーニングを受けた歯科医師、歯科衛生士が歯に付着した歯石、プラーク、その他の沈着物を専門の道具で取り除き、その後に歯石の再付着の防止、歯の質の強化のためにフッ素を塗る治療です。

はみがき

PMTC効果

では定期的にお口のお掃除をして、PMTCを行うとどのような効果があるのでしょうか?

1.定期的にお掃除

定期的にお掃除をすることによって、お口の健康に対するモチベーション(予防やケアが大切であるということ)の維持・向上につながります。

2.歯周病の改善、予防

お口のお掃除、PMTCを行うことによって歯周病を引き起こしている細菌を減らすことができ、PMTCにより歯の表面がつるつるになるので歯石が再度付着しにくくなり、歯周病の改善、予防になります。

3.カリエス(虫歯)の予防

カリエスの原因もプラーク内の細菌です。お口のお掃除、PMTCでカリエスを発症させる細菌を減らし、発症、進行をおさえることができます。

4.歯の質の強化

フッ素塗布により歯の再石灰化(歯を強くする)を促進できます。

5.審美性の向上

歯の表面の歯石、沈着物、着色を除去することにより、歯本来の色と光沢のある歯の表面を回復できます。

今までの歯科治療の一般的な考えでは虫歯、歯周病になったら、治療すれば良いと思われている方が多いのではないでしょうか?

歯周病、カリエスは自然に治癒はしない

私は日ごろの診療の中で患者さんに「歯科の病気の特徴は一方通行である事が多い」とよくお話しします。病気(歯周病、カリエス)になってしまった歯は極初期の症状でない限り自然には治癒しないために、時には削らないと、時には抜かないとなりません。しかも、病気になってしまった歯や歯周組織を治すために歯科医院を受診し、最新の医療を熟練の歯科医が行ったとしても完全に元の状態に戻すことは出来ません(詰め物や銀歯、時には入れ歯でしか歯の形を戻す事は出来ません)。

しかも、一度治療が介入した歯は再度細菌感染する可能性がとても高いのです。であるならば病気にならないために普段からしっかりとした予防を行うことが一番歯を長持ちさせることができる方法なのではないでしょうか。

しかも、患者さんにとって一番痛くない、体への負担の少ない方法なのではないでしょうか。ごきそ歯科医院ではこのような考えで予防を中心とした診療を展開しようと考えました。 

ごきそ歯科へのお問合わせ

この記事をご覧になった多くの方が下記の記事も合わせてご覧になっています。

ごきそ歯科の新しい口腔ケア(PMTC)・歯周病対策

PMTCを受けていれば虫歯や歯周病にならないのでしょうか?

PAGETOP