静岡県立大と京都大の研究チームが、虫歯の原因となる酵素の立体構造を分子レベルで解明したそうです。

これによって、酵素の働きを抑制する予防薬の開発が進むのではと期待されているそうです。

虫歯や歯周病は国民病とも言われているほど多くの人が罹患している生活習慣病です。新薬が開発されればその予防に効果がある事はよくわかりますが、生活習慣病である以上、病気の原因となった生活習慣が改善されなければ、再度虫歯や歯周病になります。

お薬を飲み続けることも出来ないと思います。

 

他の記事で何度も書いていますが、新しいお薬や、ケア用品はあくまでも口腔ケアの補助的な役割を担う物です。プラークが病因である以上、プラークをしっかり除去する習慣を身につけなくては、病気の予防にはなりません。

 

ごきそ歯科医院の予防歯科治療に関してはこちらからどうぞ。