とあるアンケートで嫌いなものベスト10に歯医者が入っていました(涙)。確かに、歯医者好きですか?と聞いて、好きと答える方はほとんどいないでしょう。。

なぜ歯医者が嫌いなのでしょうか?

理由は簡単で、「痛い事をされるから」です。

そこで、私はいつも患者さんに「痛い思いをしないためにも歯医者に来てください」と話します。歯医者で痛い思いをした経験のある方の大半は、痛い状態になってから歯医者にお越しになられています。

歯科で一般的に治療をするカリエス(虫歯)や歯周病は未知の病ではなく誰でも予防が可能な病気です。すなわち、きちんとした知識と歯磨きの方法を知っていれさえすれば、そんなに簡単にはカリエス(虫歯)や歯周病にはならないのです。すなわち、歯医者で痛い思いをしなくても済むのです。

プロフェッショナルなサポートが重要

私達歯科医の仕事は痛くなってしまった歯を治す事はもちろんですが、それ以上に、カリエス、歯周病にならないためのプロフェッショナルなサポートが重要であると考えています。

これだけの情報化社会あるにもかかわらず、歯周病や虫歯の正しい予防法方法についてご存知の方は本当に少ないのが現状です。ごきそ歯科医院では治療の技術を提供する事はもちろんですが、それ以上に、患者さんがこれから先、できるだけ病気にならないための情報発信をする医療機関でありたいと思っています。

歯医者に行こう!

これから先、歯医者で痛い思いをしないために!