【人生100年時代】

最近よく聞くフレーズですね。

医療技術の発達とともに平均寿命がどんどん延びて、普通に100歳くらいまで生きる時代がやってきています。
65歳くらいで退職し、残りの35年をどのように生きるか本気で考えなくてはならない時代です。

ここで大切になってくるの健康寿命です。

健康寿命とは元気に自立して過ごせる期間のことです。

せっかく100年生きるのであれば出来るだけ健康寿命を延ばす努力をしたいものです。

 

そこで大切なキーワードとなるのが【歯を残す】と言うことです。

数ある予防医学の中でも歯を残すことに力を注いでほしい理由として

 

①美味しいものを食べるため

人間、最後に残る欲求は食欲と言われています。やっぱり美味しいもの食べたいですよね。旅行先で美味しいもの食べたいですよね。食べる楽しみが減ると生きる喜びも減ってしまいます。100年健康で生活するためにはしっかり食事ができるお口の環境を若いころから意識して整える必要があります。

②いろいろな食べ物を摂取することで栄養が偏らない

歯がない。グラグラしている。などで食べたいものが限られてしまう方が沢山いらっしゃいます。人間の体は食べたものでできています。食べるものが偏ってしまえば栄養が偏り、健康な体を維持することが困難になります。
色々な食べ物を摂取することで栄養に偏りが無いことが丈夫な体を作る基本です。

③噛む行為が脳を活性化し認知症を防ぐ

噛む行為が脳に刺激を与え、認知症の予防になることが分かってきています。
噛めなくなるとその反動で嚥下(飲み込み)力、唾液の分泌も低下してゆきます。
また、しっかり噛み、お口の周囲の筋力を鍛えることで誤嚥性肺炎のリスクも下げることが出来ます。
噛む行為が実は健康で生きるためにはとても重要な因子になっているのです。

歯を残すメリットはまだまだたくさんあります。

ぜひ人生100年時代を意識した健康維持を若い時から意識してほしいです(^^)