歯周病・小児歯科に取り組む・ごきそ歯科
ひとりごと
  • HOME »
  • ひとりごと »
  • サプリメント

タグ : サプリメント

バイオガイア ロイテリ菌サプリメント ラインナップ

ごきそ歯科のHPで何度も紹介させていただいております、バイオガイア社製のロイテリ菌サプリメントに新しい種類が加わりました。

今までの液状タイプ、タブレットに加えて、今回はガムが加わりました。ライフスタイルに合わせて種類を選んでいただけると思います(*^_^*)

ロイテリ菌サプリメント

左上が液体タイプ 右上がガム 下がタブレットです。

バイオガイア社のHPはこちらから。

 

この記事をご覧になった多くの方は下記も合わせて読まれています

夜泣きとロイテリ菌

予防歯科にサプリメント(ロイテリ菌)を使う新しい治療法

プロバイオティクスチューインガム BioGaia

歯周病でお困りの方、子供のむし歯予防に、BioGaiaが開発した「生きた乳酸菌」を含むタブレットやリキッドをお薦めしてきています。実際に、ごきそ歯科医院でも歯周病治療中の方を中心に多くの方が使用されています。

「生きた乳酸菌」が入ったガムが発売されます

むし歯予防でキシリトールガムを咬む習慣がある方もいらっしゃると思います。同じ要領で今回発売されたガムを使っていただくと、より効果的にむし歯、歯周病の予防になると思います。

最近では、口腔内をキレイにし、善玉系の細菌を増やすことが様々な病気の予防につながることが分かってきています。

NHKのクローズアップ現代

先日もNHKのクローズアップ現代で長生きの秘訣は口腔内ケアにあるなんて題名の番組がやっていましたよね(*^_^*)歯科医である僕らは、経験的にそれをいぜんから感じていました。最近では、それに気付いた内科の先生方が口腔内ケアの重要性をお話しています。

子供のむし歯予防はもちろん、大人の歯周病ケア、高齢者の口腔内ケアにプロバイオティクスが当然のように使われる時代が来るのではと考えています。

BaioGaiaのHPにて製品に使われています乳酸菌の特徴についての記事がありますので、ぜひご覧ください。歯科分野だけでなく、小児科、産婦人科、アレルギー科、高齢者の介護関係といったとても多くの分野で利用されていることに注目です!

 

BaioGaia

 

この記事をご覧になった多くの方が下記の記事も合わせて読まれています。

予防歯科にサプリメントを使う新しい治療

口臭とサプリメント

夜泣きとロイテリ菌

ごきそ歯科のHpでも何度か取り上げているロイテリ菌(乳酸菌の1種)。このロイテリ菌を使うと、乳児の夜泣きが収まっていくというニュースがアメリカABCで放送されていたそうです。

 

バイオガイアのHPを見ると、ロイテリ菌と乳児の夜泣きについての論文も掲載されており、以前から話題になっていました。副作用があるわけではないので、夜泣きで困っているお母さんは一度試してみる価値はありそうですね(*^_^*)

 

ロイテリ菌と夜泣きについてのABCの報道はこちらからどうぞ。

ロイテリ菌を研究開発しているバイオガイアのHPはこちらからどうぞ。

この記事をご覧になった方は下記の記事も合わせてご覧になっています

予防歯科にサプリメントを使う新しい治療法

歯周病治療の多様化 サプリメントの併用

ビタミンE過剰摂取と骨粗鬆症(骨粗しょう症)

今朝のニュースでビタミンEを過剰摂取すると骨の密度が低下して脆くなる骨粗しょう症になりやすいという研究結果が東京医科歯科大学、慶応大学、大阪医科大学の研究チームが発表したそうです。

ビタミンEは植物油やマーガリン、アーモンドなどに含まれていますが、普通に摂取する分には特に体への影響はないそうです。

しかし。アンチエイジング(老化防止)の抗酸化作用の効果が期待できることから、サプリメントなどで過剰摂取する方が増えてきているそうです。

サプリメントは本当に必要か?

最近よく聞く疑問です。本来栄養分は食べ物からまんべんなく摂取することが望ましいのです。

それが、偏食傾向が進み、朝ごはんを食べない代わりにサプリメントを服用する。ダイエット目的で食事をいい加減にし、サプリメントを服用する。サプリメントが本来の目的とは違う使い方をされている気がしています。

また、最近では材料が怪しい、本当に体に良いかわからないサプリメントも出回っていると聞いたこともありす。サプリメントに頼らない食生活を心がけたいですね。

歯周病と骨粗しょう症

歯周病で歯槽骨を失う病態と、骨粗しょう症で骨が吸収される病態は非常に似ています。骨粗しょう症が疑われる方(特に中高年者の女性)は歯周病のケアも必須になります。

 

ごきそ歯科の歯周病治療専門サイト

ごきそ歯科の歯周病治療専門サイトです。

予防歯科にサプリメントを併用する新しい治療

以前にも何回かサプリメントを使った予防方法をご紹介しましたが、反響が大きく、また問い合わせが多かったことからもう一度記事としてアップしてみたいと考えました。

歯科医院レベルでも浸透してきているのですが、大きな企業でもその効果が出てきていることから、積極的に販売促進し始めている企業もあります。また、大学病院の教授などを交えた勉強会なども、ここにきて活発になってきています。

では、今回話題とするサプリメントはどのようなものなのでしょうか?

またどのような概念で予防していくものなのでしょうか?

みなさん、バクテリアセラピーという言葉はご存知でしょうか?バクテリアセラピーとは、お口の中の細菌のバランスを管理することでお口だけでなく全身の病気の予防につなげるという新しい予防医学です。

前回の記事にも書きましたが、医学の父ソクラテスはお口を清潔にすることが健康維持につながると経験的に感じていたのか、ソクラテスの時代から歯石の除去等の口腔衛生に力を入れて、お口の悪玉菌(歯周病菌、虫歯菌)を減らすことを重要視していたそうです。

 

今回ご紹介するバイオガイア社のサプリメントはLロイテリ菌と呼ばれる乳酸菌です。

この乳酸菌(善玉菌)を増やすことで、歯周病菌などを減らしていくのです。そのため、今歯周病治療をしている方はもちろん、メンテナンスで通っている方、インプラント治療を受けた方、お子様の虫歯予防などなど、さまざまなケースでご利用することが出来ます。

 

ただ、毎回お話しすることですが、歯周病、虫歯の治療・予防はあくまでも感染源の除去が必要です。すなわち、正しいブラッシング習慣がなければ、いくらサプリメントを服用しても効果はありません。正しい知識を身につけ予防をする習慣があって初めて、サプリメントの効果があるのです(^v^)

 

この記事をご覧になった多くの方が下記の記事もご覧になっています。

口臭とサプリメント

歯周病治療の多様化② サプリメントの併用

歯周病の薬物療法(予防)

歯周病の治療も多様化

一般的に、歯周病はお薬を飲んで治す治療ではありませんが、近年、歯周病の治療も多様化してきて、プラークコントロールや歯石の除去だけではなく、特殊な抗生剤を利用したり、サプリメントを利用して予防、治療をすることが増えてきています。

 

どの程度の効果があるのでしょうか?

歯周病の薬物療法は実際さまざまな医院や研究機関で実践されており、効果も出てきているようです。
実際に抗生物質を利用した治療の研究論文は結構あります。

私は歯周病治療に抗生物質を積極的には使っていませんが(急性期は除く)、スウェーデンのバイオベンチャー企業が研究開発している歯周病、カリエス(虫歯)を予防するためのサプリメントの勉強し使いはじめています。
ただ、あくまでも
補助的な意味合いで使っているので、歯周病の根本的な治療であるプラークコントロールと歯石の除去がなくなることはありません。

 

 

この記事をご覧になった多くの方が下記の記事も合わせてご覧になっています。

予防歯科(歯周病ケア)にサプリメントを併用する新しい治療法

歯周病治療の多様化②サプリメントの応用

妊婦さん 葉酸の取りすぎに要注意

歯科とは関係ないトピックスですが、多くの妊婦さんがごきそ歯科に通ってくださっているので、この記事を書くことにしました。

葉酸は胎児の成長発育に必要なビタミンの一種ですが、胎児に良いからという理由で過剰に摂取されている方が多いようです。


葉酸も摂取する時期と量が重要になってきます。


まず時期ですが妊娠前1カ月以上~妊娠3カ月の間がベストだそうです。


次に量ですが、食物以外のサプリメントは一日上限を1ミリグラムと定めています。
独立行政法人国立健康・栄養研究所ではHPにて葉酸の摂取の仕方について詳しく情報提供しています。

この記事をご覧になった多くの方が下記の記事も合わせてご覧になっています。

ごきそ歯科医院の妊婦さんの歯科治療に関してはこちらからどうぞ

口臭とサプリメント

近年、口臭でお悩みの方がとても増えています。ごきそ歯科医院でも口臭に関しての質問をよくいただきます。

以前、歯周病のページでも書かせていただきましたが、口臭の原因は内臓疾患等の原因もありますが、ほとんどの場合、歯周病治療(お口のお掃除など)で軽減していく事が多いのです。

 

ごきそ歯科医院では口臭対策に歯周病治療はもちろん、その補助的療法としてスウェーデンのバイオベンチャー企業が開発している特殊な乳酸菌を主成分としたサプリメントを治療に取り入れています。

このサプリメントは口臭の対象療法的なものではなく、口臭の原因となっている歯周病原菌に作用するものです。

 

北欧では、薬を使わずに乳酸菌などの細菌を含むサプリメントを利用した、バクテリアセラピーが盛んに行われています。

バクテリアセラピーと言う言葉自体は新しい言葉ですが、体に良い細菌を摂取して体の健康を保つ方法は日本でも昔から盛んに行われています。

日本の食卓には味噌、納豆、醤油、鰹節などと言った発酵食品が当たり前のように使われています。これらの食品は日本料理には欠かせない調味料であるのと同時に、日本人の健康を維持するためにも必要な食品なのです。

バクテリアセラピーは新しい考え方の治療法である一方で、昔から行われている治療法でもあるのです。なので、細菌を摂取すると言うと、一見、「大丈夫なのかな??」と思いがちですが、人にとって細菌を摂取する事は自然な事なのです。

口臭でお悩みの方、一度ご相談ください。

サプリメントを開発しているバイオガイア(bioGai)のHPはこちらからどうぞ。

 

bnr_234x60-2.jpg

ごきそ歯科医院の歯周病専門サイトはこちらからどうぞ。

 

サプリメントに関してのご質問はこちらからどうぞ。 

歯周治療の多様化② サプリメントの併用

抗生剤、抗カビ剤、サプリメントを使って効果的に歯周病を治す

歯周治療の基本は感染源である細菌を除去することが治療のメインですので、いわゆる特効薬のようなお薬はありません。
すなわち、歯周病を治すうえで、基本的な治療にプラスアルファの薬物療法を加えると効果的に治療できるのだと思います。

バクテリアセラピーを紹介

そこで、ごきそ歯科がおすすめするスウェーデンのバイオベンチャー企業が国際特許を持っている特殊な乳酸菌を利用したバクテリアセラピーを紹介します。
お口の中を始め、ヒトの体にはとても多くの細菌が住んでいます。
ヒトは細菌と共存していて、歯周病原菌のような悪玉菌により細菌の質が低下すると病気になりやすかったりすることが分かっています。

バクテリアセラピーは、この悪玉菌を善玉菌である乳酸菌を摂取する事によって抑制し、お口の中の菌層を健常化(菌質完全)することによって感染症予防や治療加速を目的とした最新の予防医学理論なのです。

特徴は薬ではないので副作用がない

このセラピーの一番の特徴は薬ではないので副作用がありません。
よって健常者はもちろん、未熟児、妊婦、高齢者にも適しています。

ごきそ歯科では今後、一般的な歯周治療と並行してご希望の方にはバクテリアセラピーによるお口の菌質管理も行う予定にしています。

この記事をご覧になった多くの方が下記の記事も合わせてご覧になっています。

バイオガイア社のホームページはこちらから。

ごきそ歯科の歯周治療・治療の流れに関してはこちらからどうぞ。

PAGETOP