今朝のニュースでビタミンEを過剰摂取すると骨の密度が低下して脆くなる骨粗しょう症になりやすいという研究結果が東京医科歯科大学、慶応大学、大阪医科大学の研究チームが発表したそうです。

ビタミンEは植物油やマーガリン、アーモンドなどに含まれていますが、普通に摂取する分には特に体への影響はないそうです。

しかし。アンチエイジング(老化防止)の抗酸化作用の効果が期待できることから、サプリメントなどで過剰摂取する方が増えてきているそうです。

サプリメントは本当に必要か?

最近よく聞く疑問です。本来栄養分は食べ物からまんべんなく摂取することが望ましいのです。

それが、偏食傾向が進み、朝ごはんを食べない代わりにサプリメントを服用する。ダイエット目的で食事をいい加減にし、サプリメントを服用する。サプリメントが本来の目的とは違う使い方をされている気がしています。

また、最近では材料が怪しい、本当に体に良いかわからないサプリメントも出回っていると聞いたこともありす。サプリメントに頼らない食生活を心がけたいですね。

歯周病と骨粗しょう症

歯周病で歯槽骨を失う病態と、骨粗しょう症で骨が吸収される病態は非常に似ています。骨粗しょう症が疑われる方(特に中高年者の女性)は歯周病のケアも必須になります。

 

ごきそ歯科の歯周病治療専門サイト

ごきそ歯科の歯周病治療専門サイトです。