歯周病・小児歯科に取り組む・ごきそ歯科
ひとりごと
  • HOME »
  • ひとりごと »
  • 歯ぎしり

タグ : 歯ぎしり

歯ぎしりと血糖値の関係

歯ぎしりと血糖値の乱高下が関係しているかもしれないという報告がありますので紹介しますね。

 

歯ぎしりと血糖値の記事はこちらからどうぞ。

 

この記事をご覧の方は下記の記事も合わせて読まれています。

歯ぎしりで歯を失う?

咬む力(歯ぎしり)と知覚過敏

中日新聞ショッパーにて投稿させていただきました

中日新聞のショッパーにて子供の歯ぎしりについてのご質問にお答えさせていただきました。詳しくは、ごきそ歯科矯正サイトのkids矯正クラブにてご紹介しております。ぜひご覧ください。

 

ごきそ歯科矯正サイト kids矯正クラブはこちらからどうぞ。

噛む力(歯ぎしり)と知覚過敏

以前も書きましたが、かみ合わせの力が強いことから知覚過敏の症状を発症させ、困っている患者さんが多いのでもう一度この内容の記事を書いてみたいと思います。

「噛む力と知覚過敏に関係があるの??」と疑問に思われるかも知れませんが、実はとても関係があるのです。歯ぎしりをしている時の噛む力は最大で自分の体重と同じくらいの力になると言われています。

その力が歯に加わると歯の中心に力が集中して、歯の表面のエナメル質や象牙質を破壊します。竹の細い棒をしならせた時に力のかかる棒の中心の繊維がメキメキと剥がれるようなイメージです。

歯の表面が破壊されると、そこから刺激が神経に伝わりやすくなり、知覚過敏となるのです。また、噛み合わせの力は歯の周囲の歯周組織にもダメージを与えます。これによって歯ぐきが下がってしまい、知覚過敏の症状を発症させてしまううのです。

このように、噛む力と知覚過敏には大きな関係があるのです。

治療法は一般的にはマウスピースを使ってかみ合わせの力をコントロールします。大体の方がこれで落ち着いてきます。大きすぎるかみ合わせの力は私達が考えている以上にお口に悪影響を与えるのです。何かご不安なことがございましたら何でもご相談ください。

この記事をご覧になった多くの方が下記の記事も合わせてご覧になっています。

歯ぎしりで歯を失う?

顎が痛い!開かない!カクカク鳴る!

歯ぎしりしていませんか?

本人が気づかない歯ぎしり

「歯ぎしりしていませんか?」とお聞きして、「しています」と言う患者さんはほとんどいません。

なぜなら、歯ぎしりは寝ている間にしているので、自分ではしているかどうか分からないからです。

ただし、ご本人が気づいていなくても私達歯科医師はよく気づきます。 それは、歯ぎしりをしている方の歯は一般的な歯よりもすり減っていると言う特徴があるからです。

お口の中の状態、歯の状態をよく見ていると、その患者さんがどのような噛み方をしているか良くわかります。

根本的な原因はわからない

歯ぎしりの原因には様々な説がありますが、根本的な原因はわかっていません。歯ぎしりが原因である場合、虫歯でもないのに歯が痛くなったり、朝起きると妙に顎や首周りの筋肉が痛んできたり、特には歯が揺れてきたり、歯が割れてきたりします。

歯ぎしりで歯を失う

以前にもこのブログで書きましたが、歯ぎしりで歯を失う事があるのです。

信じられないかもしれませんが、毎日の診療の中ではよくある光景です。

歯ぎしりの治療法は一般的には小さなマウスピースを寝る時に使います。寝ている時に、自分で自分のかみ合わせの力をコントロールすることは出来ないので、マウスピースを利用してかみ合わせの力を分散させます。

何か心当たりがありましたらなんでもご相談ください。

ごきそ歯科の顎関節症の治療法に関してはこちらからどうぞ。

歯ぎしりで歯を失う??

歯を失う原因には歯周病、カリエス(虫歯)などがあげられますが、最近は、歯ぎしりが原因で歯を失う方がとても多いのです。

なぜ、歯ぎしりで歯を失うのでしょうか??

原因は噛む力(咬合力)です。

歯ぎしりをする際に発揮する力は普段の咀嚼時の数倍に達すると言われています。

その咬合力に歯が耐えられなくなり、歯周病やカリエス(虫歯)で弱っている歯はもちろん、健全な歯でさえ割れてしまうのです。割れ方にもよりますが、大きく割れてしまった場合は現代の医学でさえも抜歯しか治療の選択肢がなくなることも多くあります。最近はストレス社会で歯ぎしりをする方が増えていると言われていますし、私自身も普段の診療から感じています。

最悪、歯を失わなくても、歯ぎしりで歯ぐきが退縮し知覚過敏を引き起こしたり、顎の調子が悪い(顎で音がする、口が開けにくい、口を開けると痛い)などの顎関節症を引き起こしたり、治療で詰めたプラスチックや銀歯がよく外れたりと、良いことは何もありません。

ストレス社会で歯を守るために

無意識のうちに行っている歯ぎしりをマウスピースなどを使ってコントロールすることは、ストレス社会で自分の歯をいつまでも長持ちさせるためには必須になってくるかもしれません。

何か普段の生活で思い当たるようなことがありましたらお気軽にご相談下さい。

この記事をご覧になった多くの方が下記の記事も合わせて読まれています

咬む力(歯ぎしり)と知覚過敏

歯ぎしりと血糖値の関係

2010/04/20  ごきそ歯科医院

PAGETOP