顎関節症の治療でごきそ歯科医院に来院される方が増えています。

HPでも書いていますが治療法はいくつかありますが、当院では急性症状(痛くてお口が開かないなど)が無ければ、マウスピース(保険適用)による治療をお勧めしています。

マウスピースでの治療の良いところは、顎の調子が悪ければ使えばよいし、良ければ使わなくて良いという点です。すなわち、歯を削ったり、被せたり、矯正したりといった後戻りの出来ない治療とは異なり可逆的なのです。

過去の経験的に治療を早い時期に行うほど良い結果が出ています。ちょっと変だなと思った時に我慢するのではなく、なるべく早く治療をしましょう。

この記事をご覧になっている多くの方が下記の記事も合わせてご覧になっております。

顎が痛い、開かない、カクカク鳴る!

歯ぎしりしていませんか?