歯科治療では銀、パラジウム、金、白金などを始めとする様々な合金が利用されていますが、これらの微量金属によるアレルギーで手などに発疹が出る場合があります。
歯科治療で金属を使われている方で、皮膚の発疹などがある場合は原因の1つとして考えられるかもしれません。

皮膚科でのパッチテスト(アレルギー検査)で原因を特定する事が出来ますので、気になる方は一度検査を受けてみる事をおススメしています。

 

この記事を読まれた多くの方が下記の記事も合わせて読まれています

チタン製のブリッジです 金属アレルギー対策の1方法です

口内炎を治すためには?原因と対策