日本臨床矯正歯科医会の意識調査で、歯並びが第一印象を左右すると考える人が4人中3人もいたことが分かったそうです。

自分の歯並びを1回でも気にしたことがある

また、調査した人の66.5%が自分の歯並びを1回でも気にしたことがあり、キレイな歯並びからは清潔感や若々しさを感じると話す人もいました。

このように、歯並びに関して興味をお持ちの方は多い一方で、実際に歯科医に相談した事のある方は25%以下だったそうです。この数字からわかることは、矯正に興味はあるが、特に女性の場合は化粧品や衣服にかける費用が重要視され、お口のケアや矯正治療にかける費用は後回しという感じになっているということだと思います。

アメリカでは矯正治療がある意味文化、ステイタスになっています。子供が産まれたら矯正治療を受けさせるために必要なお金の積み立てを始めるくらいです。すごいですね。一方、日本ではまだまだ矯正治療のよさが本当に認識されているとは思えません。矯正治療を受ける子供も大人も本当に増えてきていますが、まだまだ矯正治療の長い目で見たときのメリットが正しく伝わっているとは思えないのが現状です。

治療に関する情報が少ない事から、矯正治療を受ける事によるメリットが十分に理解されていない可能性があるということから矯正歯科治療に関する知識をいくつかピックアップしてみたいと思います。

矯正歯科治療に関する知識

  1. 治療により、ブラッシングがしやすくなるために虫歯や歯周病になるリスクが軽減する。
  2. 歯周組織(歯ぐき)が健康であれば何歳でも治療できる。
  3. 混合歯列期(乳歯と永久歯が混在する時期)から治療する事がよい場合がある。
  4. 医療費控除を受けられる場合がある。

などなど、治療を受ける事によるメリットははかり知れません。一方で、治療費の問題、治療期間の問題などもちろんデメリットと考えられがちな点もあります。矯正治療の場合、短期的な観点でその良し悪しを判断するのではなく、長期的な観点でメリットデメリット判断した方が良いと思われます。