「第16回口腔(こうくう)保健シンポジウム」にて「知られざる歯周病の脅威! 最新の研究で明らかになる糖尿病との関係」というこ講演がありました。

歯周病を認識していない人もいます

日ごろの診療の中で患者さんと話していると、歯周病である事を認識していない方もいらっしゃいます。また認識していても特に気にされていなかったり、特に痛いわけではないので治療の必要性を感じてらっしゃらない方が意外にも多いのです。

症状が無い状態で病気が進行していく

歯周病の一番の特徴は何と言っても症状が無い状態で病気が進行していくと言う事です。

歯を失うだけでなく、さまざまな内科的疾患と関係があることも分かってきています。正しい歯周病の知識を持つ事は、生活習慣病の予防にもつながります。いつまでも健康で生活するためにも口腔ケアを大切にしてください。

名古屋市ではもちろん、昭和区区役所でも区民を対象に歯周疾患の検診を行っています。

この記事を読まれた多くの方が下記の記事も合わせて読まれています

ごきそ歯科の歯周病と全身疾患についてはこちらからどうぞ。

歯周病とはどのような病気でしょうか?病態と特徴