マタニティ歯科 ”マイナス1歳からの予防歯科” って聞きなれない言葉ですよね。

生まれてくる子供を対象にした予防歯科

これは妊婦さんとお父さん、これから生まれてくる子供を対象にした予防歯科の考え方です。

子供は生まれた時には虫歯菌も歯周病菌も持っていません。

では、どうして虫歯や歯周病になってしまうのでしょうか?

それは、お父さんやお母さんから感染するからです。すなわち、お父さんやお母さんが虫歯や歯周病に感染していて、しっかりとしたプラークコントロールが出来ていなければ、子供にも簡単に感染してしまうのです。

ご両親の口腔ケアが重要

妊婦さんになったら、お母さんはもちろん、お父さんも一緒に、これから生まれてくる子供のためにお口のケアを頑張りましょう!ここで得たお口のケアに対する知識は子供が生まれてからも絶対に役立つはずです。

ごきそ歯科の妊婦さんの口腔ケア・治療に関してはこちらからどうぞ。