ごきそ歯科医院では診療室の壁と天井に光触媒(酸化チタン)を吹き付けることによって診療室内の空気の清浄化を行っています。

光触媒には汚れ防止、抗菌作用、消臭作用と共にホルムアルデヒド等の化学物質を分解する働きもあります。

今回は光触媒を吹き付ける前と後でシックハウス症候群の原因物質の1つであるホルムアルデヒドが分解されたというデータを環境計量士の方に計っていただきました。

吹き付け前の計測 平成21年9月6日   ホルムアルデヒド 0.015ppm

吹き付け後の計測 平成21年10月5日  ホルムアルデヒド 0.013ppm

実際、病院の中はホルムアルデヒド特有の刺激臭が消えて、病院独特の臭い(消毒薬、歯科薬剤等々の臭い)がほとんどなくなり、快適な空間を作ることが出来ました。

2009/11/06  ごきそ歯科医院