矯正治療中はブラケットが歯の表明に貼り付けてあるために通常何もつけていない場合と比べてプラークが付着しやすく、またブラッシングも困難になりカリエス(虫歯)、歯周病になりやすくなります。

ごきそ歯科医院ではカリエス(虫歯)、歯周病になるリスクの高い矯正治療中の口腔内ケアを特に強化しています。私たちスタッフと一緒にリスクの高い期間を乗り切りましょう!

 

歯周病治療に関してはこちらからどうぞ。

2009/10/15  ごきそ歯科医院