ごきそ歯科で積極的にお勧めし、私自身も使っているバイオガイア社製のロイテリ菌を、高齢者の義歯の内面に発生するカンジダ予防に使う事をお勧めします。義歯の内面(義歯と粘膜が接する部分)は常に清掃をしていないと、いつの間にか細菌だらけになってしまいます。介護が必要な方々の義歯はさらに細菌が発生しやすい状況になっています。

細菌を少なくし、義歯を清潔にするためには、まず第一に毎日必ず義歯を外し清掃するという事です。これは必ず行ってほしい基本的な事です。それと同時に、義歯の内面に液体状のロイテリ菌を塗布することで、さらにカンジダなどのカビや細菌の増殖を防ぐことができます。

高齢者の誤嚥性肺炎が問題となっている昨今、口腔ケアの重要性は誰もが認識し始めています。その補助的な役割としてロイテリ菌の使用をお勧めします(*^_^*)

この記事をご覧になった多くの方が下記の記事も合わせて読まれています。

バイオガイア(ロイテリ菌を開発したスウェーデンの会社のHPです)

口腔乾燥症(ドライマウス)とカンジダ症