先日、NHKの「ためしてがってん」で歯性上顎洞炎の事が放送されていましたね。

日本人の顎の進化の過程という側面から見て現代病と言われていましたが、この病気事態は特に新しい病気ではなく、以前から虫歯を放置した場合に発生することはありました。

 

歯が原因なので単純にお薬で治すことは難しく、並行して必ず歯の治療が必要になります。

片側の頬のあたりが痛い、臭いにおいがする、鼻が詰まった感じがする

などの症状がある場合は一度歯科医院にて検査してみることをお勧めします。

 

この記事をご覧になった方々は下記の記事も合わせてご覧になっています。参考にしてください。

虫歯にならないように普段から予防することが重要です

ごきそ歯科医院の予防歯科治療・口腔メンテナンスに関してはこちらからどうぞ