乳幼児の歯磨き中のけがが後を絶たないとネットで報道されていました。中でも1~2歳児が、歯ブラシを口に入れたまま転倒して口の中をけがするケースがほとんどだそうです。

衝撃で乳歯が陥没したり、抜けたりすると、永久歯の歯並びなどに影響が出る恐れがあるほか、大けがをすることもあります。

1~2歳時に自分で歯ブラシを持って歯を磨くと言う事は、歯磨きの習慣を付けると言う意味ではとても重要です。
可能ならば座って落ち着いた状況で歯磨きをさせましょう。

また、子供が歯磨きをしている時は親がよく見守ってあげましょう。

 

この記事をご覧の多くの方がこんな記事も読まれています

小児期の口腔ケア・食育 歯ブラシによる子供の事故が増えています①