梅雨が続いていますがみなさんいかがお過ごしでしょうか?

先日、私が週に1回勤務している知多の歯科医院にて、喉が腫れて呼吸がしづらいからなんとかしてほしいという主訴の患者さんがいました。原因は親知らずの周囲の炎症が喉まで波及した咽頭周囲炎での呼吸困難でした。

親知らずが原因で?

親知らずで呼吸困難??って思われがちですが、親知らずはとても喉に近い部位にありますので、その炎症が喉まで波及することは十分に考えられることなのです。

結果的に飲み薬では対応できないと判断し、市民病院にて入院して点滴治療することになりました。今回は片側のみの炎症でしたので、呼吸がしづらい程度で済みましたが、両側でしたら本当に呼吸ができなくなっていた可能性があります。

体調管理が大切です

梅雨の時期は体調管理が難しい時期です。 普段は問題ない親知らずでもこの時期に痛みを伴って、腫れてくることはよくあります。油断せずに、何かおかしいと感じることがありましたら一度相談してみてください。

この記事をご覧になった多くの方は下記の記事も合わせて読まれています

ごきそ歯科医院の親知らず抜歯に関してはこちらからどうぞ。