歯周病・小児歯科に取り組む・ごきそ歯科
ひとりごと
  • HOME »
  • ひとりごと »
  • 歯ブラシ

タグ : 歯ブラシ

子供の歯ブラシ事故防止にために

子供も3歳くらいになると自分で歯ブラシを持って歯磨きしたいと言うようになります。自我の芽生えなのでしょうか?それはそてもいい事ですので、その気持ちを大切にしたいですね。一方で、歯ブラシを持ったまま歩いたり走ったりすることで、転んで歯ブラシによる事故もよくニュースで見ます。

 

小さな子供が自分で歯ブラシをする時は、必ず親が近くで見守って下さい。

 

今回紹介するのは、少しでも事故のリスクを下げたいと言う思いから、安全性を考慮した曲がる歯ブラシです。曲がることで仮に転んだ場合でも喉に刺さる事故予防になるとのことです。

 

各メーカーからいろいろと出ていますが、今回はライオンが出しているものをご紹介します。

新品の歯ブラシを使っています

カリエスや歯周病の原因はプラークの磨き残しから始まります。

どれだけ、頑張って治療してもプラークコントロールが不十分では治療してもすぐに再感染してしまうので意味がありません。

そこで、ごきそ歯科医院では治療の度にブラッシング指導をさせていただいております。

新品の歯ブラシ

その際、使用している歯ブラシは全て新品のものです。

多くの歯科医院では滅菌をしているとはいえ使い回しをしているのが現状です。

しかし、いくら滅菌しているとはいえ他人が一度でも使った歯ブラシを再度使う事は決して気分の良いものではありません。そのようなご心配をされている患者さんのためにも当院では全て新品の歯ブラシを使用しています。全て新品の歯ブラシを利用している歯科医院は多くはありません。

また、使用した歯ブラシはご希望であればお持ち帰りいただくこともできます。

子供の丸のみ・歯ブラシの記事です

子供の丸のみや、歯ブラシ習慣、歯ブラシの事故に関する記事を集めました。

ブラッシングって誰から教えてもらうのでしょうか?

みなさん、歯ブラシの使い方って誰から教えてもらいましたか?

 

ご両親から教わった、自己流、ネット動画で見てなどなど。。方法は様々ですが、歯科医院で専門家から歯ブラシの使い方、磨き方を習ったことがない方がとても多いのです。

 

子供の頃に通っていた歯科医院でなんとなく習った記憶がある方もいらっしゃると思いますが、子供と大人では磨くべき場所も方法も違います。年齢に応じた磨き方、磨くべき場所があるんです(*^_^*)

 

ライオン(株)がアメリカ、スウェーデンと日本で予防歯科に関する意識調査をしたところ、欧米では大多数の方が「治療」ではなく「予防」で歯科医院を訪れており、自宅でのオーラルケアの情報を歯科医師から得ているという事がわかったそうです。スウェーデンでは7割以上の人がデンタルフロスの使い方まで指導を受けた経験があるそうです。ちなみに、日本は自己流が最多。。。

 

せっかく歯磨きの習慣があっても、正しく歯ブラシが使えていなければ汚れは効果的に除去できず、虫歯や歯周病の原因になっていまします。お口を清潔に保つことが、お口だけでなく、体全体の健康を維持するためにも重要なことが分かってきています。また、子供の場合は、成長発育に大きく影響することも分かっています。

 

大人も子供も、正しいブラッシング方法をぜひ専門家から教わり、効果的に虫歯・歯周病の予防をしましょう!

 

歯ブラシ

この記事をご覧になった多くの方が下記の記事も合わせて読まれています。

正しいブラッシング方法が歯周病予防・むし歯予防には大切です。

歯ブラシの使い方が重要です。

小児期の口腔ケア・食育  歯ブラシによる子供の事故が増えています①

 歯ブラシによる子供の事故が増えています

近年、子供の口腔ケアに対する関心が増し、乳幼児期からの歯磨き習慣が定着したことで虫歯になる子供は減ってきています。しかし、一方で乳幼児が歯ブラシをくわえたまま転倒したりといった事故も増えているそうです。

今回のこの記事では、実際にどのような事故が発生しているかの報告をしたいと思います。

子供と歯ブラシ

(1)実際に起こった事故情報

年齢は1歳児が最も多く46,9%。続いて2歳児が24,5%。全体を見てみると3歳以下の児童が87,8%となっています。

(2)具体的な事故事例

1.歯磨き中に歩いて転倒  これが最も多いようです。

事例集の文章を引用

室内で歩きながら歯磨きをしていたところ、畳の上で前方に転倒。歯ブラシは畳の上に放り出されていた。見たところブラシ全体に血液が付着していた。水を飲むことができなかった。右咽頭に裂傷が出来ていた。2歳男児

引用終わり

2.歯磨き中に物にぶつかる

事例集の文章を引用

兄に追いかけられ歯ブラシをくわえたまま走っていたところソファにぶつかって歯ブラシがのどに刺さった。嘔吐し、鼻と口から出血。右咽頭、口蓋垂に1センチ程度の裂傷。   1歳男児

引用終わり

3.歯磨き中に椅子から転倒

事例集の文章を引用

洗面所で椅子の上に立って歯磨きしていたところ椅子から転落。歯ブラシのヘッドの部分が3センチほどの個所で折れていて、ヘッドの部分が口腔内に刺さっていた。出血があったため救急を要請。 1歳男児

引用終わり

我が子(娘2人)は上の子がもうすぐ3歳、下の子がもうすぐ1歳です。事故の事例集を読みながら、我が子にも十分起こりうる事故なだけにとても怖い思いがしました。3歳以下の子供と言えば、縦横無尽に楽しく走り回る時期ですよね。しかも、1歳だと、歩くと言ってもまだまだ不安定でいつ転んでもおかしくありません。事故の防止のためには親がしっかり見守っている必要がありますね。

次の記事では、乳幼児の歯ブラシによる事故と保護者の意識調査、消費者庁と国民生活センターの取り組みについて報告しますね(*^_^*)

この記事をご覧になった多くの方が下記の記事も合わせてご覧になっています。

小児期の食育・口腔ケア②幼児期前半の食育(離乳食の進め方)と口腔ケア

ごきそ歯科医院の子供の歯科治療・予防に関する記事を集めました。

イヤイヤ期の歯ブラシ(口腔ケア)

我が子も2歳半になり、現在イヤイヤ期真っ盛りです(汗)。

それまでは、特に嫌がらなかった歯ブラシも最近では、「歯ブラシ、イヤ!!」と言って、なかなか歯ブラシさせてもらえません。無理してやると、大泣きで、1~2時間は大声で泣きまくってしまいます(苦笑)。

なんとかならないものかと、いろいろ試しています。

一番効果があったのが

当たり前なんですが、機嫌の良い時にやることです。機嫌の良い時は自分から「歯ブラシする!」と言うこともあるので、チャンス到来!ということで、いつも以上に磨きます。

また、うちの子の手に歯ブラシを持たせて、その上から僕が手を握ります。それで、一緒に歯ブラシします。「お手伝い!」と言って良く磨きます。子供なりにお手伝いをした気分になるのでしょうか(*^_^*)

あと、よく患者さんにもお話しますが、僕も自分の歯ブラシを持って、子供と一緒に磨きます。結構効果的です。

ついつい、自分のペースで子育てをしてしまいます。しかし、子供には子供のペースがきっとあるのでしょう。全てがパーフェクトにできることはありませんので、臨機応変に「出来る時に、出来ることをやる」ってことが、お互いストレスを感じなくていいのではないでしょうか。

子育てには答えはありません。いろいろな方法で、子供、親の両方にとって良い口腔ケアの方法を探してみてみてください(^v^)

 

小児期の口腔ケアと食育について計4回、また、番外編で、子供の歯ブラシ習慣を付けるには?という記事を書いていますので、ぜひ合わせてご覧ください。

小児期の口腔ケアと食育①離乳食の食育と口腔ケアはこちらからどうぞ。

子供歯磨き習慣を付けるには。小児期の食育と口腔ケア番外編①

歯間ブラシ 正しい使い方で使っていますか?

みなさん、歯間ブラシを正しく使っていますか(^v^)?

多くの方が歯間ブラシを使っていると思いますし、知らない人はほとんどいないと思いますが、正しい使い方を知っている方は意外と少ないのです!

多くの方が、歯間ブラシは、歯と歯の間に詰まった食べ物のカスを取る道具だと思っているようですが、実はそれが目的ではありません。

歯間ブラシの目的は普通の歯ブラシでは除去できない歯と歯の間に毛先を入れ、プラークを効率的に除去する道具なのです。

そして、入れるだけではなく、歯間ブラシは、その名の通り歯ブラシなので、針金の先についているブラシの毛先を何度も出し入れし、ゴシゴシと歯に当てることによって初めて汚れが取れるのです。

 

ごきそ歯科医院の歯周病専門サイト

でもご紹介しておりますが、頑張って歯を磨いているにもかかわらず歯周病が治らない方の大半が、歯と歯の間のケアが出来ていません。歯ブラシも歯間ブラシも道具ですので、正しい使い方をぜひ身につけてください。

bnr_234x60-2.jpg

いっしょにハミガキ(*^_^*)!!

みなさん、子供といっしょにハミガキしてください(*^_^*)

 

私は1日に2回子供の歯ブラシをしていますが、夜寝る前は必ず僕も一緒にハミガキします。子供は親のまねごとをしたがるので、いつも僕の真似をして嬉しそうに歯ブラシしています。

今では寝る前は自分で歯ブラシを持ってくるほどです!誰でもそうですが、いやいやでは長続きしません。

子供が自分でやりたい!みんなと一緒がいい!と感じてくれる環境づくりが大切なんだなと感じています。

 

ぜひ、子供とのコミュニケーションを取るつもりで一緒に磨いてください(^v^)

 

この記事を読まれた方はこんな記事も読まれています

こんな歯磨き粉使っています(*^_^*)

小児期の口腔ケア・食育  歯ブラシによる子供の事故が増えています②

さて、前回は乳幼児の歯ブラシによる事故の具体的な事例を紹介しました。今回の記事では、乳幼児の保護者の事故に関する意識調査(アンケート結果の紹介)と、防止のための取り組みについて報告致します。

歯ブラシによる子供の事故防止

設問1 乳幼児(0~3歳)の歯ブラシによる事故を経験したことがありますか?

ある(15%)  ない(75%)

4人に1人が事故の経験をしたことがあるようです。またその約7割が1歳児だそうです。

設問2 歯ブラシによる事故が多いことを知っていましたか?

約30%の方がこのような事故が発生していることを知りませんでした。一方で、事故を聞いたことがある方の半数が歯ブラシによる事故をとても危険なことと認識しており、子供が歯ブラシをする際は必ず隣で注意するようにしているとの結果でした。

これら結果から、歯ブラシによる事故を認識すると、日頃から乳幼児の歯ブラシに対して注意を払う行動に結びついているので、事故のへの対策として、まずは事故の危険性について親が認識を持つことが重要となります。

親が認識することが事故防止には一番大切

歯ブラシを自分で持つことはこどもが自立していく過程でとても重要なことだと考えています。子供は親のまねをして歯ブラシを口に入れることを覚えます。

そして、歯ブラシが楽しくて気持ちの良いものであるという体験が歯磨き習慣につながっていきます。歯ブラシはフォークなどと違って一見安全のように感じますが、時と場合によっては大事故につながってしまう事もあることをまずは親が認識することが事故防止には一番大切なようですね。

この記事をご覧になった多くの方は下記の記事もご覧になっています。

小児期の口腔ケア・食育  歯ブラシによる子供の事故が増えています①

ごきそ歯科医院の子供の歯科治療・予防に関する記事を集めました。

PAGETOP