歯周病・小児歯科に取り組む・ごきそ歯科
ひとりごと
  • HOME »
  • ひとりごと »
  • 歯を失う

タグ : 歯を失う

歯を失うと食事が変わる

歯を失った方の食事の傾向を調べてみると、圧倒的に糖質の摂取が多くなっていることが分かります。

理由としては、歯を失うことで咬むことが難しくなり必然的に噛まなくても良い食事、すなわちご飯やパン、麺類と言った糖質中心の食事に変わってしまうからです。

糖質中心の食生活になることで、糖尿病のリスクも増えますし、何といっても栄養不足になり病気になるリスクも増えます。

「歯が無くても特に食事は困ってない」

とおっしゃる方もいますが、長い目で見てみると栄養が偏り病気になるリスクは増える一方です。

人生100年時代を健康に過ごすためには、まんべんなく栄養を摂取し、適度な運動が不可欠です。

様々な栄養素を摂取するためにも、何でも噛めるお口の環境を維持したいですね。

歯を失ってから食事に変化が出てきたと感じている方、いらっしゃいませんか??

 

歯を失ってお困りの方々へ

来年から計3回にわたって、「歯を失ってお困りの方々へ」というテーマの記事を書いてみようと思っています。このテーマの記事を書いてみようと考えた理由として

  1. なぜ歯を失ったのかを患者さん自身にもう一度考えてほしいと思ったため
  2. 治療の選択肢、その治療のメリット、デメリットを詳しく知りたいと患者さんから要望が多いため
  3. インプラントは大丈夫なのか?という質問が多かったため

そこで、来年1月から

1、なぜ歯を失ったのでしょう?歯周病とカリエス(虫歯)の原因を知る

2、どのような方法でかみ合わせを回復できるのか?そのメリットとデメリット

3、自宅でのセルフケアの重要性 いつまでも自分の歯を長持ちさせる一番の近道

といったテーマで計3回の記事を書いていたいと思います。そもそも、なぜ歯を失ったのか?

今現在歯を失って困っている方,どのような治療方法が自分にとってよいのか悩んでいる方、インプラント治療が本当に大丈夫なのかご不安な方。

などなど、参考になると思いますのでぜひご覧ください。

歯を失ってお困りの方へ ①なぜ歯を失ったのかを再考する。はこちらからどうぞ。

PAGETOP