例年になく早い梅雨明けで、すっかり猛暑になっていますが、みなさんお元気でしょうか?急激に暑くなってきたので体調を崩されている方も多いのではないでしょうか?

 

先日、とあるテレビ番組で昭和大学の救急医療の専門医が、熱中症対策として重要なのは「一日3度の食事」だと話していました。食事をとると、その中には水分、塩分をはじめとする、熱中症対策に必要な栄養素が得られるからだそうです。

 

一日3度の食事が難しくなった、食事をする気にならない。といったことが起きだすと、熱中症になりかけている可能性があるので、特に老人や子供は気をつけてほしいそうです。また、熱中症だからと言って甘く見ずに、おかしいと感じた時は必ずかかりつけの医者に診てもらいましょう。