歯周病治療中に、親知らずを抜歯する場合があります。

 

親知らずは、私たちが思っている以上に奥にある歯です。

しっかりとブラッシングができていれば特に問題ないのですが、ほとんどの方が親知らずまで歯ブラシが届いていません。

やはりプラークコントロールが大切です

親知らずを無理に残して、ブラッシングが不十分なままですと、プラーク、歯石の蓄積が進み、結果的に歯周病を進行させてしまいます。

 

抜歯が必要であると判断した場合は、ゆっくりと状況を説明させていただき、同意を得たうえで抜歯を行いますのでご安心ください。

 

ごきそ歯科の歯周病治療に関してはこちらからどうぞ。