特に時間と量を決めずに長々とおやつを食べていると虫歯になりやすいのです。
なぜでしょう?
食事をすると唾液のPHは酸性になります。

その結果、歯の表面のカルシウムが唾液の中に溶け出します。しかし、しばらくするとだ液の中和作用で酸が中和され、唾液の中に溶けていたカルシウムが歯の表面に戻ってきます。

この現象を「脱灰」と「再石灰化」と呼びます。この目安が、およそ1時間といわれています。
すわわち、長々と間食を続けていると脱灰が続いてしまい、歯の表面が常に溶けだしてしまうのです。間食をする事は悪い事ではありません。

ただ、時間を決める事によって、一度脱灰した歯の表面を再石灰化させる時間を作ってあげることが必要です。

 

この記事を読まれ方はこんな記事も読まれています

ごきそ歯科医院の小児歯科(子供の予防歯科・治療)に関してはこちらからどうぞ。