歯周病・小児歯科に取り組む・ごきそ歯科
ひとりごと
  • HOME »
  • ひとりごと »
  • 出っ歯

タグ : 出っ歯

顎顔面矯正セミナーに参加しました

3月24日(木)に定期的に参加している顎顔面矯正フォローアップセミナーに参加しました。

 

定期的に参加し、自分のケースの疑問点や今後の方針を専門医の先生とディスカッションするセミナーです。
自分のケースの勉強にもなりますが、他の先生が抱えている問題点や疑問点を一緒に勉強できることが何よりも勉強になります。

 

顎顔面矯正とは、ただ歯列を並べる矯正とは異なり発育期のお子さんの顎顔面の成長を正常な発育軌道にのせることによって、歯が生えるスペースを確保する治療です。基本的には全てのお子さんの治療に適応できますが、受け口や出っ歯と言った骨格の成長に問題がある場合に特に有効です。

骨格を成長させると呼吸やいびき、姿勢、アレルギー症状など全身の健康状態の改善が期待されます。

興味のある方は声をかけて下さいね(^^)/

子供の矯正治療は小学校の低学年に始めたい理由

お子さんの矯正治療は成長を利用するものなので、できるだけ小学校低学年に始めてください(特に女の子は)と言うことは、今までの記事で何度もお話しています。

そして、低学年に始めてほしいもう一つの理由があります。

 

それは、本人の気持ちです

 

1~2年生の子供たちは基本的にはご両親の言う事を聞くので、治療の主人公は本人なのですが、それ以上にご両親の意向で全てが決められ治療が進みます。

 

一方で、高学年くらいになると、ご両親の言う事を聞かなくなってくるので(苦笑)、ご両親に治療のやる気があっても本人にやる気が無いことがあり(特に男の子)治療が思うように進まないことがあります。

 

多少の歯のデコボコだけであれば、大人になってから治療を始める事も良いかと思います。
しかし、受け口だったり、出っ歯傾向の顔つきは大人になってからでは治療が難しくなるので、できるだけご両親の意向で治療を進められる低学年の時期に治療を始め、思春期頃にはだいたいの治療が終わっていることを目指された方が良いと思います。

PAGETOP