キシリトールはシラカバやカシなどの樹木や植物から作られる天然素材の甘味料です。このキシリートールが含まれているガムやタブレットはコンビニを始め、最近ではどこでも手に入れる事が出来ます。

キシリトールはどこまで虫歯予防に効果がある?

はたして、キシリトールはどこまで虫歯予防に効果があるのでしょうか?

ガムやタブレットをお口に入れて噛む事によって唾液の分泌が促進されます。実はこの唾液が歯の表面に付いたプラークを洗い流してくれるのです。また、よく噛む事によって頬や唇が良く動き、その動きによってもプラークが除去されます。さらに、唾液の再石灰化作用によって初期虫歯の予防もできます。

歯も磨いてキシリトール

このように、キシリトール自身の効果はもちろん、唾液の分泌を促進する事に大きな意味があると考えています。ただし、歯を磨かずにキシリトールガムを噛んでも効果はありませんのでご注意ください。

乳酸菌を利用したバクテリアセラピー

最近では、虫歯予防、歯周病予防の方法も多様化してきています。以前ご紹介した乳酸菌を利用したバクテリアセラピーもその一つです。日本ではまだまだ浸透していませんが、ヨーロッパでも特に北欧では極めて一般的な療法として知れ渡っています。ご興味のある方は資料をお渡ししますのでお気軽に声をかけてください。

この記事を読まれている方はこんな記事も読んでいます

バクテリアセラピーに関してはこちらからどうぞ。