歯周病・小児歯科に取り組む・ごきそ歯科
ひとりごと
  • HOME »
  • ひとりごと »
  • 金属アレルギー

タグ : 金属アレルギー

金属アレルギー 体に優しい歯科材料を使うようにしています

現在、保険治療で使われている金属は金銀パラジウム合金(金パラ)と呼ばれている合金で、その組成は

・金12%

・銀50%

・銅16%

・パラジウム20%

・亜鉛・スズ2% などが主成分です。

これら金属が口の中で腐食しイオン化して溶け出すことで金属アレルギーが発症する場合があります。

ごきそ歯科では

1、見た目を良くしたい

2、金属アレルギーの原因をできるだけなくしたい

3、適合性を重要視したい

との理由から、できるだけコンポジットレジンを使った形態回復をするようにしています。

 

コンポジットレジン

ごきそ歯科医院で主に使っているコンポジットレジンは(株)松風のGIOMER(ジャイオマー)という製品群です。特徴として、フッ素やその他歯を強化するためのイオンを持続的にリリースすることができ、さらに、普段お使いのフッ素含有歯磨きジェルに含まれているフッ素イオンを吸収することが出来ることです。

 

(株)松風GIOMER(ジャイオマー)の詳しい情報はこちらから

 

この記事をご覧になった多くの方が下記の記事も合わせて読まれています

チタン製のブリッジです。

口内炎を治すためには?原因と対策

金属アレルギーと歯科治療

歯科治療では銀、パラジウム、金、白金などを始めとする様々な合金が利用されていますが、これらの微量金属によるアレルギーで手などに発疹が出る場合があります。
歯科治療で金属を使われている方で、皮膚の発疹などがある場合は原因の1つとして考えられるかもしれません。

皮膚科でのパッチテスト(アレルギー検査)で原因を特定する事が出来ますので、気になる方は一度検査を受けてみる事をおススメしています。

 

この記事を読まれた多くの方が下記の記事も合わせて読まれています

チタン製のブリッジです 金属アレルギー対策の1方法です

口内炎を治すためには?原因と対策

PAGETOP