歯周病・小児歯科に取り組む・ごきそ歯科
ひとりごと
  • HOME »
  • ひとりごと »
  • 習慣

タグ : 習慣

小児期の口腔ケア・食育 子供の歯磨き習慣をつけるには その①

磨かないとならないのは十分に分かっているが、なかなか付かない子供の歯磨き習慣((+_+))。誰もが悩むところです。そこで、今回は歯磨き習慣を付けるためのポイントを書いてみたいと思います。

子供の歯磨き習慣をつけるには

(1)歯磨きの習慣づけは、磨きたい気持ちを大切にしてあげましょう。

小学校に上がる前までの子供の歯磨きは、あくまでも習慣づけが目的です。上手にできなくて当たり前です。そんな時もしかったりせずに、楽しく磨けるようにしてあげましょう。

例えば、家族全員で歯磨きをする。子供にはまずは自分で磨かせてください。そして最後に大人による仕上げ磨きをするのもいいでしょう。

子供は容赦なく大人の指を咬んだりしますので(苦笑)、指をお口に入れるときは気を付けましょう。もし、奥歯がまだ生えていないときは、奥の歯茎の部分に指を置いて開けるようにしましょう。咬まれても痛くありません(^v^)。

(2)磨かれるのを嫌がる場合はこんな工夫をしてみましょう。

大人による仕上げ磨きは小学校低学年くらいまでは続けてください。お子さんが嫌がる場合は、嫌がる理由を考えてみましょう。

嫌がる理由の例

1.歯ブラシが痛い

最初は子供用の歯ブラシで、毛の柔らかいものを選んであげましょう。どうしても痛がる場合はガーゼで優しくこするだけでもいいです。

2.歯肉をこすられて痛い

力の入れ具合はどうですか?歯の汚れは軽い力でも十分に取ることができます。時には歯肉を指でカバーし、歯のみに選択的にブラシを当ててください。

3.人に磨かれると痛い

自分で磨くと痛くないので、本人に歯ブラシを持たせて、その手をとって一緒に磨いてください。

4.歯磨き剤のにおいが嫌

最初のうちは歯磨き粉は必要ありません。もし付ける場合はお子様の好きそうな味を選んであげましょう。

5.長時間動けないのが嫌

ポイントを絞って短時間で磨きましょう。

6.眠い時に磨かれるのが嫌

お子さんが眠くなる前に磨いてあげましょう

歯ブラシ

(3)仕上げ磨きのポイント

1.磨く順番を決めましょう

お母さんなりの磨く順序をきめるといいでしょう。

2.歯ブラシの持ち方はペングリップ(鉛筆を持つ持ち方)

3.歯ブラシの選び方

ヘッドが小さく、毛は柔らかいものを。子供用を選んであげましょう。

4.特に磨いてほしい場所

1、歯と歯茎の境目 2、奥歯の溝(咬む面) 3、前歯の裏面 4、歯と歯の間

5.時には糸ようじを使いましょう

最初から上手に歯磨きができる子供はいません。最初にも書きましたように、小学校に上がる前までの歯磨きは、習慣を付けることが目的ですので、必ずしも大人と同様に隅々まできれいに磨くことに固執する必要はありません。

もちろん、隅々まできれいにできるに越したことはありませんが、出来ないからと言って焦らずに、長い目で、子供がしっかりと歯を磨く習慣を付けられるようにしてあげましょう(^v^)

小児期の口腔ケア・食育 子供の歯磨き習慣をつけるはこちらからどうぞ。

小児期の口腔ケア・食育 子供の歯磨き習慣をつけるには その2

子供の歯磨きがうまくできないということで悩んでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか?診療に来てくださるお母さんに、よくそのようなお話を聞くことから、なんとか上手に歯磨き習慣をつける方法がないか考えていました。

そこで、私の娘(1歳7カ月)にさまざまな方法を試してみて、どのようにしたらうまく歯磨きができるようになるかを実験しています(*^_^*)

歯ブラシをおもちゃと思わせてしまおう!

まず最初に考えたことは、歯ブラシをおもちゃと思わせてしまおう!ということでした。

我が家で最初に与えた歯ブラシはこんな歯ブラシです!

赤ちゃん用歯ブラシ

ブラシの毛もゴムでできていることから、歯の生え始めの時期はこれを「キュッキュッ」と音を出しながら噛んでいました。

奥歯が生え始めた時から

そして、奥歯が生え始めた時から、子供用の小さな歯ブラシを使うようになりました。

子供用の小さな歯ブラシ

最初に与えたおもちゃの歯ブラシが気に入っていたこともあり特に問題なくこの歯ブラシも受け入れてもらえました。今ではお風呂に入るときにいつもこの歯ブラシを探して、くわえながらお風呂に入っています(*^_^*)

実際に歯ブラシをするときは、歯ブラシを僕が持って磨こうとすると怒るので(きっと自分で持っていたいのだと思います)、子供が歯ブラシを持っている手に、僕の手をのせて、一緒に歯ブラシしています。

おもちゃ感覚で歯ブラシを!

今の段階では、ひとまず歯ブラシを嫌がることはないので、このまま様子を見続ける予定です。今後、さらにどのように歯ブラシ習慣がついていくかを継続的にレポートしますね(*^_^*)

最後に、歯ブラシのやり方、習慣づけに、「こうしたらこうなる」といった答えはありません。今回、書かせていただいた私のやり方も、数かるやり方のうちの一つに過ぎません。重要なことは、諦めずにいろいろな方法で試してみるということです。意外な方法で歯磨きが好きになったり、習慣がついたりするかもしれません。

歯磨きに関する質問にお答えします

歯磨きに関する質問などがあればいつでもメールください。また、我が家ではこんなやり方で歯磨き習慣をつけたよ!なんていう体験談があればぜひ教えてください。

歯磨きで悩まれているお母さんはたくさんいらっしゃいますので、悩まれているお母さん方に医院で直接紹介させていただいたり、このブログで紹介させていただけたらと思っています(^v^)

無料メール相談

最後にわが子のお口の写真です。動き回るのでうまく撮れませんでしたが、奥歯が上下ともかなり生えてきました!!

奥歯が上下ともかなり生えてきた

小児期の口腔ケア・食育番外編② 子供の歯磨き習慣をつけるには その2のページをご覧になったお母様方は、下記のページも合わせてご覧になっていらっしゃいます。合わせてご覧ください。

小児期の食育・口腔ケア① (離乳食の食育とい口腔ケア)はこちら

小児期の食育・口腔ケア② (1~2歳の幼児期前半の離乳食の進め方と食育)はこちら

小児期の食育・口腔ケア③ (幼児期後半の食育と口腔ケア)はこちら

いっしょにハミガキ(*^_^*)!!

みなさん、子供といっしょにハミガキしてください(*^_^*)

 

私は1日に2回子供の歯ブラシをしていますが、夜寝る前は必ず僕も一緒にハミガキします。子供は親のまねごとをしたがるので、いつも僕の真似をして嬉しそうに歯ブラシしています。

今では寝る前は自分で歯ブラシを持ってくるほどです!誰でもそうですが、いやいやでは長続きしません。

子供が自分でやりたい!みんなと一緒がいい!と感じてくれる環境づくりが大切なんだなと感じています。

 

ぜひ、子供とのコミュニケーションを取るつもりで一緒に磨いてください(^v^)

 

この記事を読まれた方はこんな記事も読まれています

こんな歯磨き粉使っています(*^_^*)

PAGETOP