歯周病・小児歯科に取り組む・ごきそ歯科
ひとりごと
  • HOME »
  • ひとりごと »
  • 歯肉炎

タグ : 歯肉炎

妊婦検診の重要性①をアップいたしました(^v^)

ごきそ歯科医院の歯周病治療専門サイトにて、妊婦検診の重要性に関しての記事をアップいたしました。

以前より、妊婦検診の重要性は、元気に生まれてくる赤ちゃんのためにもとても重要であると、お話してきました。

HPの閲覧数からもお母さん方の関心度がよくわかります(^v^)今回から2回に分けて歯周病治療専門サイトにて記事をアップいたしますので、ぜひご覧ください。

 

bnr_234x60-2.jpg

ごきそ歯科医院の歯周病治療専門サイトです。

小児のアレルギー性鼻炎と歯科疾患(虫歯、歯並びとの関係)

子供のアレルギー性鼻炎が近年増えてきているようです。原因はハウスダストやダニ、ペット、真菌などで、小児期での発症が目立ってきています。慢性的なアレルギー性鼻炎の子供はどうしても鼻での呼吸が難しくなり、口呼吸が主になります。

実は、この口呼吸がさまざまな歯科疾患を引き起こすのです。

口呼吸が引き起こす歯科疾患

①虫歯・歯肉炎

お口の中は一般的には唾液で潤っています。そして、じつはその唾液がプラークなどの汚れを流してくれるのです(自浄作用)。その唾液が少なくなると、自浄作用が低下し、虫歯や歯肉炎になるリスクが増えます。

②口呼吸による下顎後退症になります。

口呼吸になると口が常に開いている状態になり、下あごが後ろに後退してしまいます。また、両側の頬の粘膜が緊張状態になり、上あごの歯並びがV字型になりやすくなります。その結果、上あごと歯が前に突出した、いわゆる出っ歯の様な状態になります(下顎後退型上顎前突)。下顎が後退すると、歯並びや顔つきの問題も出てきますし、顎関節に常に負担がかかるので、将来的に顎関節症になる可能性があります。

今後、医科歯科の連携が重要になってくる分野である

アレルギー性疾患の慢性鼻炎が原因となり、引き起こされる歯科疾患だけに、耳鼻咽喉科などでのアレルギー性鼻炎へのアプローチももちろん必要です。そこで、重要になってくるのが虫歯予防への取り組みです。口呼吸でお口が乾燥するうえに、抗ヒスタミン薬(抗アレルギー薬)などの副作用が唾液分泌を抑制するので、よりお口が渇く状態になり、虫歯や歯肉炎になるリスクが増えるのです。

日本では、欧米と比べて歯科予防処置が市民権を得ているとはまだ言えないのが現状です。小児のアレルギー性鼻炎の治療とともに、歯科での虫歯予防を強化し、子供の正常に近い成長を目指すことが必要です。

 

この記事をご覧になった多くの方々は下記の記事も一緒にご覧になっています。合わせてご覧ください。

口呼吸で注意力や学習能力が。。。口呼吸が病気を誘発している②

あいうべ体操をご存知ですか?口呼吸対策として

歯磨き習慣を作る 子供の治療で大切な事

継続が習慣を呼び 習慣は継続を呼ぶ

ごきそ歯科医院のHPでは何度も出てくるキーワード的な文章です。特殊な疾患を除いて、一般的な歯科疾患(虫歯、歯周病(子供は歯肉炎)は歯磨き習慣がきちんと出来ているかどうかに起因する生活習慣病です。

 

したがって、何度虫歯の治療をしても、何度歯肉の治療をしても、原因であるプラーク(歯垢)を取り除く歯磨き習慣にアプローチしていなければ、ほぼ必ず再発します。

 

ごきそ歯科医院では歯科疾患の原因にアプローチします。そのため、子供のブラッシング指導に費やす時間をとても大切にしています。習慣を作るには若い時から始める事がとても大切なのです。 

 

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます

こんな歯磨き粉使っています(*^_^*)

歯磨きから始める子供の肥満予防(歯周病との関わりを中心に)

生活習慣病とは、糖尿病・脂質異常症・高血圧など、生活習慣が発症に深く関与していると考えられる疾患の総称であります。

イメージ的には大人の病気であると思われがちですが、そうでもないようです。全ての生活習慣病の引き金となる肥満については、近年「子供の10人に1人が肥満傾向児」という状況になっているようです。(平成21年度 学校保健統計調査(文部科学省))

歯磨きから始める子供の肥満予防

そもそも、子供の肥満の原因は何なのでしょうか。

子どもの肥満には、不規則な間食摂取、夜食摂取、運動不足、長時間のテレビ視聴など、生活全体の乱れが影響していると考えられています。また、朝食欠食や早食いとの関連も指摘されています。

特に最近の子どもは、食習慣の乱れや、ゲームやパソコンの普及による運動不足、夜更かしなど、肥満へ繋がる多くのリスクファクターを抱えています。見た目は太っていなくても内臓の周りに脂肪がたくさん付く内臓脂肪型肥満が増加しているのも、最近の傾向です。この状態が続くと、子どもでもメタボリックシンドロームを引き起こす原因となります。

肥満と歯周病治療の関係

では、肥満と歯周病治療にどのような関係があるのでしょうか。

歯周病は生活習慣病の一つでもありますが、歯周病菌が出す毒素が、歯周病の進行以外にも血液中のコレステロールや中性脂肪の増加の原因となって、メタボリック症候群の一つである脂質異常をひき起こすことが明らかにされています。

歯周病も大人に限った病気であると思われがちですが、近年、10歳以上の子どもの2人に1人が歯周病の初期症状である歯肉炎にかかっていることが確認されています。歯磨きが不充分である上に、軟らかい食品や糖分を多く含んだ食品をとる機会の増加も影響しています。

子どものころから健康な生活を送る習慣づけが必要

このような状況では将来的に「歯周病予備軍」となる可能性は十分に高く、同時に肥満の原因ともなりうるのです。

大人になってからの生活習慣改善は本当に難しいと思われます。将来の肥満、生活習慣病、さらにそれから派生する様々な病気を予防するためにも、子どものころから健康な生活を送る習慣づけが必要であり、それに対する親や学校の指導が重要になってくると思われます。

子供が自分の体を大切にするために必要な自尊心。どのように身につけたら良いのでしょうか?一つの提案をしてみました。ご覧ください。

ごきそ歯科医院の歯周病治療に関してはこちらからどうぞ。

PAGETOP