歯周病・小児歯科に取り組む・ごきそ歯科
ひとりごと
  • HOME »
  • ひとりごと »
  • 歯科治療

タグ : 歯科治療

妊婦さんの口腔ケア・治療

妊婦さん妊娠中のお口の中は、妊娠前と違ってカリエス(虫歯)や歯周病などの病気になりやすい環境に変化します。

ごきそ歯科医院では妊婦さんの歯を病気から守るポイントをご指導させていただいています。

生まれてくる赤ちゃんの健康の歯のためにも、しっかりとした口腔ケアを私たちと一緒に始めましょう。

妊娠中の歯科治療の考え方

妊婦さんの時期別に歯科治療のポイントを説明

妊娠中の歯科治療に関して、いろいろな不安や分からないことがたくさんある方は多いと思います。ここでは、妊婦さんの時期別に歯科治療のポイントを説明します。 

1.各妊娠時期において、どのような治療が良いかをまとめました

妊娠初期(1~4ヶ月 0~15週目)

この時期は切迫流産が起きやすい時期です。念のため積極的な治療は控えて、お口の汚れを軽く除去する程度の方が良いでしょう。削ったり、薬剤が必要になる治療がある場合は安定期になってから。

妊娠中期(5~7ヶ月 16~27週目)

この時期は時に心配なく治療を行える時期です。ほとんどの妊婦の方は、育児のために出産後もしばらくは治療のための通院が困難になることが多いので、必要な治療は相談の上、計画を持ってこの時期に行うことが良いと思われます。また、カリエス(虫歯)、歯周病予防のために定期的なお口のお掃除(メンテナンス)も行うと良いでしょう。

妊娠後期(8~10ヶ月 28~39週目)

歯科治療の刺激が、出産に向けて準備が整いつつある母体に影響を及ぼすことがあるので、積極的な治療は避けて、応急処置で済ませたほうが良いでしょう。この時期もカリエス(虫歯)、歯周病の予防をしっかりと継続すると良いでしょう。

妊婦さんとこども

2.お薬の影響

妊娠時期に適したお薬は原則ありません。なので、できるだけ投薬しなくても良い方法、麻酔をしなくても良い方法を選択しますが、どうしても必要な場合は説明と同意の上、母体へのリスクの少ないものを最小限量のみお出しするようにしています。

 妊娠中の歯科治療

「妊娠中に歯科治療って大丈夫なの??」と思われる方が多くいると思いますが、ごきそ歯科医院では妊娠中は、積極的な治療をするのではなく、カリエス(虫歯)、歯周病の予防処置(メンテナンス)を中心に治療を進めていきます。

しかし、時には歯が痛んだり、歯肉が腫れたりといった症状が出ることもあります。妊娠しているからといって、歯科治療が不可能になるというわけではありません。適切な時期と方法を選べばきちんとした治療をすることはできます。そのような症状が少しでもある場合は、早めに受診して、妊娠していることを伝えたうえで治療をしましょう。

ただ麻酔、エックス線、お薬にしても100%母体に影響が無いと言い切れるものではもちろんありません。十分な説明と同意の上で、安心して治療を受けていただけるように心がけますので、痛みを我慢して悩むことが無いように気になることがあるようでしたら何なりと私たちにご相談下さい。

妊婦さんの口腔ケア・治療に関するご質問をいただいた方からは、妊娠前の「親知らずの抜歯」に関するご質問もよく頂いております。

また、子供の歯科治療に関してはこちらからどうぞ。

この記事をご覧になった多くの方が、妊婦さんの口腔ケア・治療に関する記事を合わせてご覧になっています。

なぜ妊娠期間中に歯科治療をお勧めするのでしょうか?

妊婦歯科治療の重要性②

誰もが気になるところですよね(^v^)妊娠中の麻酔はどうしたらいいのでしょうか?

妊娠中の麻酔 授乳期間中の麻酔

妊婦さんの治療 Q&A

妊婦さんの治療に関するQ&A

1.質問 妊娠中でも虫歯の治療はできるのでしょうか?

安定期であれば特に問題無く治療できます。そのほかの時期でも体調を見計らって治療することもできますが、緊急の場合でなければ、応急処置に留めておいて、安定期に入ってから、もしくは出産後に治療をすることをお勧めしています。

2.質問 妊娠中に歯ぐきが腫れたのですが、お薬は使えるのでしょうか?

妊娠中でも使うことのできるお薬はあります。ただ、100%母体に安全な薬はありません。

3.質問 授乳中ですがお薬を飲んだり、麻酔を使う治療を受けることはできるのでしょうか?

授乳中の飲み薬や麻酔は特に問題は無いとされています。ただ、100%安全とはもちろん言いきれないので、お薬を飲む前、麻酔の注射をする前に授乳を済ませておくことをお勧めしております。

4.質問 妊娠中に歯科のレントゲン撮影をすることは胎児に影響は無いのでしょうか?

歯科で使うレントゲンはとても線量が少ない上に、局所にしか照射しないので特に問題はありません。ただし、可能な限りレントゲン撮影はしません。また、どうしても必要な場合でも十分な防護をしますのでご安心ください。

5.質問 妊娠中に麻酔をすることは出来るのでしょうか?

歯科治療で使う麻酔は局所麻酔な上に、量も少ないので特に問題はありません。

6.質問 妊娠中ですが親知らずの抜歯はできるのでしょうか?

安定期であれば抜歯はできます。妊婦さんに100%安全なお薬というのは無いのですが、できるだけ安心して使えるものを処方いたします。

もちろん、大きな病院をご紹介することもできます。当院は名古屋大学歯科口腔外科をご紹介しております。

妊婦さん

妊婦さんの歯科治療、口腔ケアに関してはこちらで詳しく説明しています。ご覧ください。

PAGETOP