歯周病・小児歯科に取り組む・ごきそ歯科
ひとりごと
  • HOME »
  • ひとりごと »
  • 歯がしみる

タグ : 歯がしみる

本当は怖い知覚過敏!?

最近よくテレビなどで知覚過敏と言う言葉を聞く事があります。

一般的に歯が冷たいものや、暖かいものでしみる症状の事を言うのですが、そもそもなぜ歯がしみるのでしょうか?そして、意外に知られていませんが、知覚過敏が進行すると歯を失う可能性もあるのです!!

なぜ、歯がしみるのでしょうか?

本来歯はエナメル質と言われている硬い組織で覆われているのですが、なんらかの原因でそのエナメル質が壊れると、その更に内側にある象牙質がむき出しになります。また歯周病で歯ぐきが下がり歯根が見えてしまうと象牙質が露出します。この象牙質は象牙細菅と呼ばれる管の集合体で、その管を通じて刺激が神経に到達してしみたり、痛みを感じるのです。

なぜエナメル質が壊れてしまうのか?

では、なぜエナメル質が壊れてしまうのでしょうか?

  1. 虫歯で歯が壊れてしまうため。
  2. 歯の磨きすぎ、磨き方が良くないためにエナメル質が磨耗で減ってしまうため。
  3. 噛み合わせの力が強すぎて(歯ぎしり、くいしばり)エナメル質が剥がれてしまうため。歯と歯肉の境目に虫歯でもないのに歯がくさび状にくぼんでいる事はありませんか?かみ合わせの力が強いと時には歯が割れてしまい、抜歯になってしまう。

気になる人は検診をおすすめします

理由は様々ですが、最近患者さんと話をしていると、3.の噛み合わせの力が知覚過敏に関係していると考えられる方が多く見られます。「歯がしみるくらいすぐ治る」とつい考えてしまいますが、場合によっては放置すると歯を失う可能性も秘めている病気です。

知覚過敏が気になる方は一度検診をおススメしています。名古屋市はもちろん、昭和区でも歯の検診を実施しています。

この記事をご覧になった多くの方が下記の記事も合わせてご覧になっています。

咬む力(歯ぎしり)と知覚過敏

歯ぎしりで歯を失う??

PAGETOP