歯周病・小児歯科に取り組む・ごきそ歯科
ひとりごと
  • HOME »
  • ひとりごと »
  • 早産

タグ : 早産

妊娠中の歯周治療・メンテナンスの意義

歯周病を引き起こす細菌が早産や低体重児の出産に関与している可能性があると書きました。

理由として早産になった妊婦さんの羊水に歯周病原菌が存在していたり、歯周病になっていない妊婦さんに比べ、重度の歯周病になっている妊婦さんの方が早産・低体重児の出産になっている確率が高いからです。

ただ、これはリスクはありますが確実なエビデンスがあるわけではありません。 

歯周病と早産、低体重児出産との関係

実際に歯周病と早産、低体重児出産との関係は無いと結論付けられている論文も多く存在するのです。 

例えば。。

原題「Obstetric outcomes after treatment of periodontal disease during pregnancy: systematic review and meta-analysis」BMJ 2010; 341:c7017 doi: 10.1136/bmj.c7017 (Published 29 December 2010)
この論文の冒頭で、
「Treatment of periodontal disease with scaling and root planing cannot be considered to be an efficient way of reducing the incidence of preterm birth. Women may be advised to have periodical dental examinations during pregnancy to test their dental status and may have treatment for periodontal disease. However, they should be told that such treatment during pregnancy is unlikely to reduce the risk of preterm birth or low birthweight infants.」と結論付けられてしまいました。

 

私自身は妊婦さんの歯周治療、定期検診によるメンテナンスは早産や低体重児出産とは別のところに意義を感じています。

以前、他の記事でも書きましたが、両親にしっかりとしたブラッシングをする習慣がなければ子供にその習慣が身につくはずがありません

すなわち、生まれてくる子供のためにも、まずはご両親がしっかりとした口腔ケアを身につけてほしいのです。その良いきっかけが妊娠中の口腔ケアにあると考えています。

 

この記事をご覧になった多く方が下記の記事も合わせてご覧になっています。

歯周病と早産・低体重児出産に関する記事はこちらからどうぞ

ごきそ歯科医院の歯周病治療・治療の流れはこちらからどうぞ

歯周病と早産・低体重児出産

歯周病と早産・低体重児出産の関係

近年、歯周病と全身疾患との関係が報告される中で、歯周病と早産・低体重児出産の関係も報告されるようになってきています。

分娩を引き起こす物質は炎症性物質であることが分かっていて、歯周病も細菌に感染し口腔内局所で炎症が起こる病気であり、口腔内局所で産生された炎症性物質が直接または間接的に産科器官に作用して早産が発生するのではと考えられています。

ではその理論にどの程度の信憑性があるのでしょうか?

さまざまな研究が行われているが、関連性があると結論付けられたものが多い一方で、関係がないと発表されているものも多いのが事実です。

歯周病と早産・低体重児出産が関係していると言われるようになった背景に、元来、早産・低体重児出産などのリスクとして考えられてきた喫煙、アルコール、ドラッグ、人種、早産の既往などを持たない妊婦さんにも早産や低体重児出産が存在することから、新たなリスクとして歯周病が注目されるようになってきたのです。

厚生労働省の歯科疾患実態調査結果

厚生労働省の平成17年度歯科疾患実態調査結果によると、妊娠可能年齢の女性の7~8割が歯周病であり、その内、10~20%は重度の歯周病に罹患していると言われている。

実際に歯周病のコントロールが出来ていない妊婦さんは、早産や低体重児出産が多かったというデータもあります。

歯周病との関連性を確かにするデータはまだ出ていないが、さまざまな研究から早産・低体重児出産のリスクの1つであることは間違いないと思います。

妊婦さんの口腔内についての意識の向上

また、口腔内環境の全身に対する影響に関する情報を広めておくことは、妊婦さんの口腔内についての意識の向上や口腔内状況の改善につながると思われ、さらには出産に良い効果を及ぼす可能性もあるかもしれません。妊娠期をきっかけに、妊婦さん自身の歯周病予防だけでなく全身の健康維持にも役立つと考えられます。

昭和区は名古屋市の中でも人口が少ない地域なのですが、御器所に限って言えばここ最近本当に若いヒトを中心に人口が増えてきていると思われます。若い妊婦さんやお母さんにお口に関する正しい情報を発信できたらと考えています。

 

この記事をご覧になった方は下記の記事もご覧になっています。合わせてご覧ください。

ごきそ歯科医院の妊娠中の歯科治療の考え方はこちらからどうぞ。

PAGETOP