歯周病・小児歯科に取り組む・ごきそ歯科
ひとりごと
  • HOME »
  • ひとりごと »
  • 授乳中

タグ : 授乳中

妊娠中の麻酔 授乳期間中の麻酔

妊娠中、授乳期間中の方であれば誰でも気になる話題ですよね。ごきそ歯科には妊婦健診で多くの妊婦さんがお越しになりますが、麻酔に関しては必ずと言っていいほど話題になります。やっぱり気になりますよね(^v^)

妊娠中であることを伝えてください

まず大切なことは、妊娠している事(可能性があること)、授乳中であることを必ず医院のスタッフ、歯科医にお伝えください。ごきそ歯科医院では、メリットデメリットを必ずお話し、治療するかどうかをしっかり相談させていただいてから、治療するかどうかを判断いたします。

授乳中の麻酔について

虫歯はあるが、今急いで治療しなくても良い場合があります。そのような場合は無理して麻酔をせずに応急処置で様子を見ることが一般的です。

一方で、痛くて食事もできないし、夜も寝れないような場合は、麻酔のリスク以上に、痛みを放置することによる体へのリスクのほうが大きくなってしまうので、このような場合は積極的に治療をお勧めします。

授乳中の方は、麻酔をして治療をする直前に授乳を済ませておいてください。

 

この記事をご覧になった多くの方が下記の記事も合わせてご覧になっています。

ごきそ歯科医院の妊娠中の歯科治療の考え方をご覧ください。

妊婦さんの治療 Q&A

PAGETOP