歯周病・小児歯科に取り組む・ごきそ歯科
ひとりごと
  • HOME »
  • ひとりごと »
  • 手足口病

タグ : 手足口病

手足口病とリンゴ病が流行っています

乳幼児を中心に例年、夏季に流行する伝染性紅斑(リンゴ病)と手足口病の患者が多発しているそうです。

例年よりも、高い水準で発祥のピークを迎える可能性があるようなので、国立感染症研究所感染症情報センターが注意を呼び掛けています。

どちらの病気も特に治療法があるわけではなく、対症療法が一般的なようです。

この記事を読まれた方はこんな記事も読んでいます

こんな歯磨き粉使っています(*^_^*)

国立感染研究所 感染症情報センターのHPはこちらからどうぞ。

手足口病(てあしくちびょう)

手足口病(てあしくち)を御存知でしょうか??

今年はなぜかよく流行っているようです。

手足口病はコクサッキーウイルスA群、エンテロウイルスによる感染で、1~4歳の幼児に発熱を初期症状として発症します。

夏から秋にあけて多いと言われています。

潜伏期がある

潜伏期は3~5日で、手、足、口に限局して水泡を形成します。

特に治療法は無いため(ワクチンもありません)十分な安静、栄養補給、補液、二次感染予防のための抗生剤投与で様子を見ることがほとんどです。

1週間から10日程度で自然に治ることが多いです。合併症も、ほとんどありませんが、まれに髄膜炎等の中枢神経症状が発生し重症化することもありますので、気になることがありましたら一度ご相談ください。

2010/06/01  ごきそ歯科医院

PAGETOP