歯周病・小児歯科に取り組む・ごきそ歯科
ひとりごと
  • HOME »
  • ひとりごと »
  • メタボリックシンドローム

タグ : メタボリックシンドローム

重い歯周病患者ほどメタボ傾向(歯周病と生活習慣病)

滋賀県長浜市にて行われた調査で、重度の歯周病の患者さんほど、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)になっている傾向が強いという結果が出たそうです。

成人の8割が罹患している(程度はさまざま)と言われている歯周病。これから高齢化社会を迎えるにあたって特に注目を集めそうです。

 

詳しくはごきそ歯科の歯周病治療専門サイトにてアップしましたのでご覧ください。

歯周病が糖尿病・メタボリックシンドローム・骨粗鬆症などと関係していることが明らかになってきた。

糖尿病・メタボリックシンドローム・骨粗鬆症

生活習慣病の1つである歯周病とさまざまな全身疾患に関係があることが近年の研究結果から明らかになってきています。

医学の父ギリシャの医師ヒポクラテスは、細菌の存在が知られていなかった時代から、お口の病気を無くせば全身の健康が回復すると言うことを説き、歯石を除去する道具を開発していたそうです。

成人の80%が歯周病に罹患

現在成人の80%が歯周病に罹患していると言われ、さらに60歳になると、そのおよそ40%が重度の歯周病に罹患していると言われています。

中高年では珍しくない病気になってきたが、時と場合によっては放置しておくと致命的になることもあります。

その理由として歯周病が糖尿病、骨粗鬆症、冠状動脈疾患(心筋梗塞、狭心症など)、脳血管障害(脳梗塞、くも膜下出血、脳出血など)、癌やメタボリックシンドロームと密接な関係にあることが近年の研究結果からわかってきたからです。 

この記事をご覧になった方は下記の記事も合わせてご覧になっています。

歯周病と糖尿病、メタボリックシンドローム、骨粗鬆症などの全身疾患の関係はこちらからどうぞ。

名古屋市の歯周病を始めとする生活習慣病の検診事業のご案内です。

PAGETOP