歯周病・小児歯科に取り組む・ごきそ歯科
ひとりごと
  • HOME »
  • ひとりごと »
  • ドライソケット

タグ : ドライソケット

親知らず抜歯後のドライソケット

ドライソケットとは、抜歯後に治癒不全が起こり痛みを伴う症状のことを言います。

抜歯後は血の塊(血餅)ができ、それが歯肉に変わり、最終的には骨になっていきます。 ただ、この血餅がうまくできないと、このドライソケットになることがあります。

ドライソケットにならないための注意点として

抜歯後の強いうがいは控えてください。

お口の中に血液が唾液に混ざって気持ちが良いものでは無いので、頻繁にうがいをしてしまいがちです。しかし、これが血餅を流してしまいドライソケットになってしまうのです。

痛みがなかなか引かない

治癒が悪いのでは?

と感じることがありましたら、早めにお知らせください。

この記事をご覧になった多くの方が下記の記事も読まれています

ごきそ歯科の親知らず抜歯に関してはことらからどうぞ。

親知らず抜歯 治療の流れ

2010/07/16  ごきそ歯科医院

PAGETOP