大きなカリエス(ムシ歯)、その他の理由で神経を抜いた歯の約4割ほどが何らかの理由で歯の根の中で再度細菌感染を起こし、根の先で膿の形成をします。

慢性的に経過していくことが多いので、普段は無症状であることが多いのですが、時に急性化し、腫れたり、歯肉にオデキのような物ができ、そこから排膿があったりします。

特に無症状で経過してしまえば良いのですが、何度か腫れたり、排膿したりすることが続くと、歯の周囲の骨(歯槽骨)が溶けて最悪抜歯に至ることもあります。