お子様の治療をしていると、よくご両親から口を閉じるための良い方法はありませんか?と質問を頂きます。

なぜ口が開いてしまうのでしょうか?

①癖になってしまっている
②鼻の調子が悪い
③出っ歯になっており口が閉じれない
などなど

理由は様々ですが、子供の場合は鼻の調子が悪く結果的に口呼吸になり空いてしまっている子が多いようです。
口を閉じる練習や、口輪筋を鍛えたりもしますが、鼻の調子が悪ければいくら訓練しても口を閉じることはできません。

ごきそ歯科医で行っている顎顔面矯正は鼻腔を広げることが出来るので結果的に鼻の通りがよくなる子がとても多いです。そして、鼻が通ればトレーニングをすることで癖が治しやすくなります。

お子様の口呼吸がなかなか治らなくてお悩みの方、ぜひ一度ご相談ください(^^)/