2月も終わりますね。。。本当に月日が経つのは早いですね。

コロナ感染者数も少し落ち着き始めたでしょうか?

よく歯科医院でなぜクラスターが起きていないのか?質問を頂きます。
明確な理由は分かりませんが、おそらく歯科医院はどの診療科よりも感染対策に力を入れてきているからだと思います。
患者さん毎に手をしっかり洗い(当院ではオゾン水を利用)、グローブを変える、全ての機材を徹底的に滅菌する。
歯科はコロナ以前から肝炎やエイズといった感染症の対策をしています。それが、結果的にコロナ対策にもなったのだと思います。
ごきそ歯科医院では、さらに患者さん、スタッフの安全を守るために国際基準の清潔さを守るために医療用洗浄機やclassB滅菌機を導入いたしました。
また、感染症の知識を学ぶことも大切ですので、私たちは定期的に講師を呼び勉強家も実施しています。
今後も安心して患者さんが来院でき、また安心してスタッフが勤務できる環境を整備してゆきたいです。