近年、診療の中でさまざまな原因による口腔乾燥症(ドライマウス)やカンジダ症をよく見かけます。

また、それに伴った口臭でお困りの方も多くいらっしゃいます。

カンジダはお口の中の常在菌でありますが、抵抗力の弱い老人や幼児などの舌や頬粘膜に特に内科的疾患が無くても粘膜が白く斑点状になったり、時には赤くなり痛みを伴って発症することがあります。

カンジダ菌自体は特に病原性の強い菌ではありませんので内科的疾患が原因でなければ、お口の中を清潔にし、潤すことでだいたい消えていきます。症状によってはうがい薬を処方することもあります。

口腔乾燥症、カンジダ症、口臭でお困りの方、一度ご相談ください。

この記事をご覧になった多くの方は下記の記事も合わせて読まれています

黒毛舌を御存知ですか? 予防と治療法

口腔乾燥症についての詳細はこちらからどうぞ。

bnr_234x60-2.jpg

ごきそ歯科医院の歯周病専門サイトはこちらからどうぞ。