口臭の原因とは??

ごきそ歯科では近年、口臭を気にされる患者さんが多くなってきました。口臭の原因は何なのでしょうか??

先日、日本歯科医師会が主催した「口臭予防と歯の健康について」のセミナーで、口臭の約9割が口の中に原因があることが示されたようです。東京医科歯科大の川口教授は「胃病を疑う人も多いが、実際は少ない事が多い。口の中を清潔にするなど日常のケアで改善できるものも多い」と指摘しています。東京医科歯科大学歯学部では年間平均1500~1800人の口臭を主訴とする患者さんの診察結果から、さまざまな調査を行っているようです。

調査では口臭による障害として

「話ができない」(48.9%)、

「消極的になる」(44.9%)

をあげる人が多かったようです。また口臭で悩んでいる人の割合(15歳以上の成人)では、45~54歳が一番多く、55~64歳、35~44歳と続き、働き盛りの年代が一番口臭を意識し、悩んでいる様子がうかがえるということもわかってきました。

口臭には「生理的口臭」と「心因性口臭」と「病的口臭」があります。

生理的口臭

口臭はだれにもあり、一日のうちでもにおいに強弱があります。特に起床直後は口臭が強くなりますが、これは寝ている間は唾液(だえき)の分泌が減り、口の中の細菌が増殖するためです。こういった生理的口臭は、朝食をとる事で改善されることが多いです。

心因性口臭

心因性とは、口臭レベルは高くないが、本人が「口臭がある」と思い込み、対人恐怖や社会的不適応を生じているケースです。

病的口臭

「病的口臭」は治療が必要で、口腔疾患や全身疾患により引き起こされます。このうち歯周病や舌苔(ぜつたい=舌の汚れ)、ストレスや薬による唾液分泌の減少(ドライマウス)など口の中の病気が原因とされるものが約90%以上を占めているそうです。

口臭は社会生活をしていくうえでコミュニケーションの障害になることもあります。予防には歯や舌を普段から清潔に保つことが大切です。

ごきそ歯科医院の口臭治療

①口臭の原因を特定する。

②歯周病やカンジダ症などの様に、お口の中に原因がある場合は定期的な歯周病治療や、抗真菌薬(カンジダ対策)などのうがい薬を利用します

③唾液の分泌不足によるドライマウスが原因の場合は、時にはお薬で唾液の分泌を促します。

④スウェーデンのバイオベンチャー企業が研究開発した特殊な乳酸菌を利用したサプリメントを補助的に使う事もあります。いわゆる善玉菌を利用したものなので、副作用はありません。お口の中だけではなく、体全体の細菌バランスを改善します。

 

原因は様々ですが、一般的にはお口の中に原因がある場合が多いので、これらの治療法で解決する事が多いと思われます。

 

この記事を読まれた多くの方が下記の記事も合わせて読まれています

口呼吸が病気を誘発している 口臭の観点から

女性ホルモンとドライマウス(ドライシンドローム)

 

bnr_234x60-2.jpg

ごきそ歯科医院の歯周病専門サイトはこちらかからどうぞ。