昨日は、午後から診療をお休みさせていただいて、東京日比谷にて弘岡秀明先生の歯周病勉強会に参加してきました。

今回は、私が論文の訳を担当していましたので、いつになく気合が入っていました(*^_^*)

今回、私が担当したのは、

Periodontal tissue response to orthodonticof teeth with infrabony pocketsmovement

Jan L. Wennstrom, Birgitta Lindskog Stokland, Sture Nyman, and Birgit ThilanderGSteberg, Sweden 1993

矯正治療の力が歯周組織に与える影響を調査した論文です。イエテボリ大学の歯周病科と矯正科の共同研究ですね

英語の論文をただ単に読むことは難しくありませんが、実験者が何を意図して実験を行ったのか?その行間を読むことが一番難しく感じています。さらなる英語力の向上が必要です。。。

歯周病勉強会

この記事を読まれた方はこんな記事も読まれています

歯周病とはどのような病気でしょうか?病態と特徴