診療室でのよくある会話の一つです。

「毎日歯ブラシしているのになぜ虫歯になるのでしょうか?」

それは「磨いてる」と「磨けている」には大きな違いがあるからです。

ブラッシングで一番大切な事は、歯ブラシの毛先を磨きたいところに確実に当てる事です。

この毛先を当てるってことがとても重要なんです。

すなわち、毛先が当たっていなければ、どんなに時間をかけて、高価な電動歯ブラシや外国製の歯磨き粉を使ってもプラークは取れていないので、虫歯や歯周病になってしまいます。

「磨いてる」から「磨けている」へ

虫歯、歯周病を確実に予防するためにも、正しい歯磨き方法を練習しましょう!

ごきそ歯科医院のブラッシング方法に関してはこちらからどうぞ。