歯周病・小児歯科に取り組む・ごきそ歯科
ひとりごと
  • HOME »
  • 安心・安全な歯科治療

安心・安全な歯科治療

安心・安全の歯科治療を目指して

「治療に使われている器具が清潔なのか心配。。。」 

多くの患者さんがそんなご不安を持っていると思います。しかし、一般の方では、実際にしっかりと滅菌・消毒をして、安全な器具を使っているのかといったことは、なかなか分からないと思います。

そこで、治療を受ける患者さんが少しでも安心して治療を受けられるようにごきそ歯科医院の衛生管理について紹介させていただきます。

オートクレーブによる完全滅菌です

ごきそ歯科医院で使用する器具類は写真のように 滅菌パックしオートクレーブで完全滅菌されたものを使用しています。

滅菌パックは患者さんの目の前で開封するようにしています。

また、うがいで使用するコップは患者さんごとに使い捨ての紙コップを採用しています。

オートクレーブによる完全滅菌

新品の歯ブラシを使っています

カリエスや歯周病の原因はプラークの磨き残しから始まります。

どれだけ、頑張って治療してもプラークコントロールが不十分では治療してもすぐに再感染してしまうので意味がありません。

そこで、ごきそ歯科医院では治療の度にブラッシング指導をさせていただいております。

新品の歯ブラシ

その際、使用している歯ブラシは全て新品のものです。

多くの歯科医院では滅菌をしているとはいえ使い回しをしているのが現状です。

しかし、いくら滅菌しているとはいえ他人が一度でも使った歯ブラシを再度使う事は決して気分の良いものではありません。そのようなご心配をされている患者さんのためにも当院では全て新品の歯ブラシを使用しています。全て新品の歯ブラシを利用している歯科医院は多くはありません。

また、使用した歯ブラシはご希望であればお持ち帰りいただくこともできます。

患者さんごとに新しいグローブ(手袋)を利用しています。

患者さんのお口に直接触れるグローブですが、消毒をしたからと言って他の患者さんのお口に触れたグローブを再度利用するのは衛生的とは言えません。

ごきそ歯科医院では患者さんごとに必ずグローブを交換いたします。毎月約3000枚のグローブを使用しています。

新しいグローブ(手袋)

ごきそ歯科の診療スタイルです(^v^)

近年、歯科医院は町のどこに行っても存在するほどになっていますが、診療スタイルは医院によって様々です。

今回はごきそ歯科の特徴的なスタイルを紹介しますね(^v^)

ごきそ歯科では、治療の前、後で治療の説明を歯科医自らがしっかり時間をとってさせていただくスタイルをとらせていただいております。

また、診療後には治療台の横にありますテーブルで行った治療の説明、今後の予定、次の予約を歯科医自らが行います。

ごきそ歯科の診療スタイル

診療台に乗っていると患者さんはなかなか緊張からかお話をしてくれませんが、写真のテーブルでは感じてらっしゃること、不安なこと、分からないことをいろいろお話して下さいます。

患者さんのご要望を出来るだけ聞いて、お答えしたいと考えていることからこのようなスタイルを取っています(^v^)

新しいレントゲン撮影機です

先日、新しいレントゲン撮影機を導入いたしました。

元々デジタルレントゲンを使っていましたが、専門医による矯正治療を本格的に始めるにあたって、骨格診断ができるセファロレントゲンも撮影でき、さらに従来の機械よりも線量を少なくできる新しい機械を思い切って導入いたしました(^v^)

デジタルレントゲン

体への配慮を考えて、少ない線量で、より鮮明な画像が作れるようになったので、今まで以上に的確な診断ができるようになります(*^_^*)

新しい機械が入りました(*^_^*)

義歯等のプラスチック材料や金属を削った際に出る削除片を吸引する集塵機です。

これにより、削片が空気中に拡散する事が減りますので、院内の空気をよりキレイに保つことができます。

集塵機

この記事をご覧になった多くの方が下記の記事も合わせて読まれています

患者さんごとに新しいグリーブ(手袋)を使っています

新品の歯ブラシを使っています

PAGETOP
Powered by ブログdeデンタルBiZ