歯科医師(副院長)  池  弘

歯科医師(副院長)  池  弘

1976年 名古屋市 出身

2003年 昭和大学 歯学部 卒業

2005年 知多市 矢永歯科医院 勤務

2008年 ごきそ歯科医院 副院長

 

伊藤正彦 先生による「矯正臨床ベーシックコース」①上顎前突 ②叢生コース受講

スウェーデンデンタルセンター 弘岡 秀明先生による歯周病講座(ペリオコース)受講 ジャーナルクラブ会員

・床矯正研究会 会員

・竹内豊 先生 デーモンシステム ローフリクションローフォース セミナー 受講

その他、口腔外科、補綴、保存等々さまざまな研修会に参加しております。

略歴

昭和大学を卒業後、同大学補綴科非常勤となる傍ら東京、横浜の歯科医院にて研修を受け,大学病院ではインプラント専門医に師事し、小さな症例から、大学病院でしか行えないような大きな手術まで勉強してきました。

インプラント症例、口腔外科症例を勉強

2005年からは地元名古屋に戻り、知多市の矢永歯科医院にて多くの治療を経験してきました。矢永歯科医院ではインプラント治療に熟知した院長、長年市民病院等で口腔外科部長を歴任されてきた口腔外科専門医の元、多くの症例を経験しました。またデンマークのコペンハーゲンインプラントセンターにて、スウェーデン人顎顔面外科医の元、多くのインプラント症例、口腔外科症例を勉強させていただきました。

 

矯正専門医による指導を受け続けています

30年以上矯正専門医をされています松田先生と一緒に治療を行い、また常に指導を受けております。床矯正研究会では常に勉強会に参加し、様々な症例を通じて勉強しております。

 

ごきそ歯科医院のキーワードは「治療ではなく予防」

一方で、病気になってしまった歯や歯周組織への対象療法的な治療のみで診療が終わってしまう日本の従来型の歯科治療(削って詰めて、抜いて入れ歯にして治療を終えてしまう)が本当に患者さんのためになっているのかどうか疑問を感じるようになり、ごきそ歯科医院のキーワードを「治療ではなく予防」としました。

病気になった後に、削ったり、抜いたりのその場しのぎ的な治療ではなく、どうしたら病気にならないか、どうしたら、一生自分の歯で食事ができるのかということを、患者さんと一緒に考えて、そのお手伝いができたらと考えています。

「名古屋市昭和区の歯科 ごきそ歯科の歴史」