歯周病・小児歯科に取り組む・ごきそ歯科
ひとりごと
  • HOME »
  • 歯科医師プロフィール

歯科医師プロフィール

池 潤 プロフィール

院長  池  潤

院長  池  潤

1944年 長崎県松浦市にて歯科医師の4男として生まれる(兄3人も歯科医師)

1963年 佐賀県立 伊万里高等学校(母の母校)卒業

1969年 福岡県立 九州歯科大学(父の母校) 歯学部 卒業

1970年 名古屋市南区 池歯科医院 勤務

大学卒業後 実家の長崎県より家族で名古屋に引っ越しをしました。

名古屋大学歯科口腔外科学教室入局(研修生)

福岡県・北歯科医院卒後研修セミナー受講(12か月)

同セミナー ポーセレンコース受講(3か月)

セミナー終了後 インストラクターとなる

同セミナーインストラクターとなる

1977年 ごきそ歯科医院 開設

さまざまな研修会、学会に所属、参加しています。

第4回Mid Pacific Dental Seminarをアメリカ UCLA歯学部にて受講

Dr N.F.GUCHI occrusionコースをUCLA TOKYO EXTENSION

青山校にて受講

USC OSAKA EXTENSION Dr ローレンス YAMADA ペリオコース 受講

バイオセラム インプラントシステム研修 受講

形状記憶インプラントシステム研修 受講

横浜市・藤本歯科補綴研修会 受講

USA Mayo clinic(YOKOHAMA EXTENSION) ブローネマルクインプラントコース

 

九州歯科学会会員

日本歯内療法学会会員

日本顎咬合学会 指導医

九州歯科大学第一口腔外科学教室同門会 会員

名古屋大学医学部歯科口腔外科同門会 会員

NDSC(名古屋デンタルスタディークラブ)会員

 

名古屋市南区「大江幼稚園」園医

(社)名古屋青年会議所OB

愛知県保険医協会(会員数医科歯科8800人)副理事長

同上   歯科部会部会長

全国保険医団体連合会(会員数103000人)理事

同上   歯科政策部長

名古屋南ロータリークラブ 会員

池 弘 プロフィール

歯科医師(副院長)  池  弘

歯科医師(副院長)  池  弘

1976年 名古屋市 出身

2003年 昭和大学 歯学部 卒業

2005年 知多市 矢永歯科医院 勤務

2008年 ごきそ歯科医院 副院長

 

伊藤正彦 先生による「矯正臨床ベーシックコース」①上顎前突 ②叢生コース受講

スウェーデンデンタルセンター 弘岡 秀明先生による歯周病講座(ペリオコース)受講

・竹内豊 先生 デーモンシステム ローフリクションローフォース セミナー 受講

その他、口腔外科、補綴、保存等々さまざまな研修会に参加しております。

略歴

昭和大学を卒業後、同大学補綴科非常勤となる傍ら東京、横浜の歯科医院にて研修を受け,大学病院ではインプラント専門医に師事し、小さな症例から、大学病院でしか行えないような大きな手術まで勉強してきました。

インプラント症例、口腔外科症例を勉強

2005年からは地元名古屋に戻り、知多市の矢永歯科医院にて多くの治療を経験してきました。矢永歯科医院ではインプラント治療に熟知した院長、長年市民病院等で口腔外科部長を歴任されてきた口腔外科専門医の元、多くの症例を経験しました。またデンマークのコペンハーゲンインプラントセンターにて、スウェーデン人顎顔面外科医の元、多くのインプラント症例、口腔外科症例を勉強させていただきました。

ごきそ歯科医院のキーワードは「治療ではなく予防」

一方で、病気になってしまった歯や歯周組織への対象療法的な治療のみで診療が終わってしまう日本の従来型の歯科治療(削って詰めて、抜いて入れ歯にして治療を終えてしまう)が本当に患者さんのためになっているのかどうか疑問を感じるようになり、ごきそ歯科医院のキーワードを「治療ではなく予防」としました。

病気になった後に、削ったり、抜いたりのその場しのぎ的な治療ではなく、どうしたら病気にならないか、どうしたら、一生自分の歯で食事ができるのかということを、患者さんと一緒に考えて、そのお手伝いができたらと考えています。

「名古屋市昭和区の歯科 ごきそ歯科の歴史」

松田 征夫 プロフィール

矯正歯科担当 松田 征夫

矯正歯科専門医 松田 征夫

1944年群馬県高崎市に生まれ、小学校入学時に愛知県知多郡に引っ越し、育ちました。九州歯科大学卒業後、母校と広島大学にて矯正を学びました。

名古屋矯正歯科センターで2年勤務の後、名古屋市昭和区御器所に松田矯正歯科(矯正専門歯科医院)を開業しました。そして、平成24年6月よりごきそ歯科医院にて診療を始めました。

以来、28年間約2000人以上の方々の歯並びとかみ合わせを治療させていただきました。

234x60-2.jpg

矯正専門サイト 名古屋市昭和区ごきそ歯科

伝えるということ

私達、歯科医師の考えを患者さんに伝える

治療を進める上で必要不可欠な事です。

ただ本当に患者さんが理解できるように伝わっているのでしょうか?

gokiso_015.jpg

しっかり伝えていくこと

ごきそ歯科医院では患者さんに「伝わっているはずだ」ではなく「しっかり伝えて理解していただく」を何よりも大切にしたいと考えています。私達、歯科医師が「当たり前」と考えている事も患者さんにしてみたらなじみの少ない専門用語だったりします。

患者さんが安心して治療を進められるように、しっかりと伝えると言う事を大切にしたいと思っています。

患者さんの為の病院の環境づくり

また、患者さんは診療台の上に座るとなかなか質問がしにくかったり、緊張で何を聞いていいのか分からなくなってしまう方もいらっしゃいます。みなさんが、何でも聞きやすい病院の環境作りも私達の大切な仕事です。

ごきそ歯科医院では診療前、診療中はもちろん、診療が終わった後も患者さんと十分にお話ができる時間を作るようにしています。

PAGETOP
Powered by ブログdeデンタルBiZ