子供の歯並びは乳歯列期(全ての歯が乳歯の時期)からチェックしましょう

ごきそ歯科医院では「12歳までに正しいかみ合わせを作る」をコンセプトにした矯正治療を行っております。

 

正しいかみ合わせとは??

正しいかみ合わせを育成するためには今から何をしたらいいの?

 

子供の矯正治療をメインで行っている歯科医院ならではの知識と技術でご家族に噛み合わせ育成のアドバイスをしてゆきます。

では具体的にいつから歯並びをチェックしたらいいのでしょうか?

 

乳歯列期から治療を開始したほうが良い不正咬合があります。

5歳を過ぎたころから、乳歯に変わって、永久歯(大人の歯)が生え始めます。乳歯と永久歯が混在する時期を混合歯列期と言いますが、この時期に不正咬合を始めて認識することが多いと思います。

「違う場所から歯が生えてきた」 

「永久歯が生えるスペースが無いのでは?」 

「歯がねじれて生えてきた」 

「受け口なのでは?」

「出っ歯??」

などなど、問題はさまざまですが、何か気になることがありましたら私たちに相談してみてください。毎日お子さんを見ているお母さんが「なんか変だな?」と感じる時は、やはり何か問題がある場合が多いです。そんな時はまず一度相談にお越しください(^^)/

今できることがあるかもしれません。様子を診たほうが良いかもしれません。

そのあたりをアドバイスできると思います(^^)

 

 

ごきそ歯科はにっぽん子育て応援団のサポータでもあります。

詳しくはにっぽん子育て応援団のホームページをご覧ください。

 

歯並びをできるだけ子供のうちに治したいとお考えのご両親がとても増えています。

そこで、ごきそ歯科医院では子供の矯正歯科治療に特化したホームページを作って情報提供させていただいていますので、子供の矯正治療のご興味のある方は合わせてご覧ください。

ごきそ歯科医院の子供の矯正歯科に関してはこちらからどうぞ。