歯周病・小児歯科に取り組む・ごきそ歯科
ひとりごと
  • HOME »
  • 子供の矯正歯科(歯並び)

子供の矯正歯科(歯並び)

子供の歯並び 矯正歯科

子供の歯並びは乳歯列期(全ての歯が乳歯の時期)からチェックしましょう

乳歯列期から治療を開始したほうが良い不正咬合もあります。

5歳を過ぎたころから、乳歯に変わって、永久歯(大人の歯)が生え始めます。乳歯と永久歯が混在する時期を混合歯列期と言いますが、この時期に不正咬合を始めて認識することが多いと思います。

「違う場所から歯が生えてきた」 

「永久歯が生えるスペースが無いのでは?」 

「歯がねじれて生えてきた」 

などなど、問題はさまざまですが、何か気になることがありましたら私たちに相談してみてください。毎日お子さんを見ているお母さんが「なんか変だな?」と感じる時は、やはり何か問題がある場合が多いです。

 

ごきそ歯科はにっぽん子育て応援団のサポータでもあります。

詳しくはにっぽん子育て応援団のホームページをご覧ください。

 

歯並びをできるだけ子供のうちに治したいとお考えのご両親がとても増えています。

そこで、ごきそ歯科医院では子供の矯正歯科治療に特化したホームページを作って情報提供させていただいていますので、子供の矯正治療のご興味のある方は合わせてご覧ください。

ごきそ歯科医院の子供の矯正歯科に関してはこちらからどうぞ。

ごきそ歯科 kids矯正クラブのコンセプト

kids矯正クラブのコンセプト

「12歳までによい歯並び、咬み合わせをつくる」

です。

kids矯正クラブからは、子供のお口の発育、歯の生え方、よい歯並び・咬み合わせをつくるための情報、矯正治療を始める時期、食育、実際の治療内容等々、さまざなま角度から歯科医院ならではの子供の矯正治療、お口の発育に関する情報を発信する予定にしています。

できるだけ定期的に情報を発信する予定にしていますので、ごきそ歯科の矯正サイトを定期的にチェックしてみてください。

また情報の更新のたびにfacebooktwitterなどでも更新したことをお知らせしておりますので、「いいね!」「フォロー」よろしくおねがいいたします。

矯正専門サイトに移行しました。

kids矯正クラブの記事を、No2より、ごきそ歯科の矯正専門サイトで連載することとしました(*^_^*)お子様の矯正治療に関してはもちろん、食育、お口の成長まで、さまざまな情報発信をする予定にしています。

今現在、矯正治療中の方はもちろん、これから矯正を考えていらっしゃるご父母様まで、楽しく読める内容にしていこうと思っております。ぜひご覧ください。

ごきそ歯科矯正サイト

ごきそ歯科のkids矯正クラブはことらからどうぞ。

矯正治療の目的、治療開始時期  kids矯正クラブ通信No 1

子供の治療をしていると、ご家族の方からよくこんな質問を頂きます。

質問

子供の矯正治療はいつから始めたらいいでしょうか?

答え

ごきそ歯科では必要と判断された場合は5歳ころからの矯正治療をお勧めすることもあります。少なくとも下あごの乳犬歯が大人の歯に生え変わる前(9歳前後)前までにはお越しください。

矯正治療には大きく分けて2つの目的があります。

 

1、上下の顎の成長をコントロールし、顔のバランスを整え、よい咬み合わせをつくるための素地をつくる。(成長期である子供の時期にしかできない治療)

2、歯をきれいに並べる。(何歳でも出来る)

矯正治療は歯さえあれば何歳でもできます。しかし、永久歯がある程度並びきった状態から始めると、歯を並べるスペースを確保するために抜歯が必要となることがあります。また、治療も複雑化するために時間がかかります。

ごきそ歯科では早い年齢(5~9歳)で乳歯よりも大きい永久歯が並ぶためのスペースをつくったり、お口の周囲の筋肉の発達を促す練習をします。将来的に永久歯が並ぶスペースがあるかどうかは、乳歯列期の段階である程度は予想がつくので、並びきらないと判断される場合は矯正装置を使い、前もって問題を解決し、永久歯が並びきるようにします。

歯が並ばないのは顎の成長に何かしらの問題がある場合が多いようです。原因を解決しない状態で様子を見たところで顎は成長しません。特に反対交合や交差交合のような機能的な問題は、歯が顎の成長をロックし、成長を抑制します。早い時期に機能障害を取り除き、健全な口腔機能を持たせて、顎の正しい成長を促しましょう。ご家族の方が変だなと感じるときはだいたい何か問題がある時です。変だなと感じた時はできるだけ早くお越しください。

注意)

全ての子供が抜歯をせずに歯を並べるられる訳ではありません。歯の状態、顎の状態、遺伝的な要素、顔の形などなど、さまざまな要因でどうしても抜歯をしないと歯が並ばないこともあることをご了承ください。どのように矯正治療を進めるかは一人一人違いますので、治療を始めるときはもちろん、治療の最中でも十分に時間をお取りして説明いたします。

 

メールでのご質問はこちらからどうぞ。

メールでのご質問

子供の不正咬合(小児の矯正治療)

学校歯科健診の時期ですね。検診時に虫歯や歯肉炎を指摘されるのと同時に不正咬合と指摘される事があると思います。

乳歯列期、混合歯列期における治療するべき不正咬合とはどのような咬み合わせを言うのでしょうか?

何度かHPでもお話ししましたが

  1. 反対咬合
  2. 交叉咬合
  3. 開口

これら、不正咬合は治療せずに放置すると将来的に骨格的な問題を発症したり、歯並び不正を発症するリスクとなります。

なぜ、これら不正咬合は早期治療をお勧めしているのでしょうか?

それは、これら不正咬合が顎の正しい成長発育を阻害してしまう可能性があるからです。 

大人になった後に、骨格を変えるためには手術をし、本格的な矯正治療をするしかありません。子どものうちに治せる不正咬合は早めに治療する事をお勧めしています。

各、不正咬合の詳細につきましてはこちらからどうぞ。

子どもの不正咬合(写真付き)

以前、何度か紹介させていただいた早期治療をお勧めする子どもの不正咬合の写真を添付しました。

子どもの不正咬合について

1.反対咬合

反対咬合

写真の前歯のように、上の前歯と下の前歯の前後関係が逆転しているものを言います。いわゆる受け口状態になっています。骨格的(遺伝的)なものなのか、単純に歯の位置関係が問題なのかで将来的な治療方法も変わってきます。

2.交叉咬合  開口

交叉咬合  開口

交叉咬合は、写真の奥歯のように上の奥歯と下の奥歯の被蓋関係が逆転して、結果的に顎が左右にずれてしまっているかみ合わせを言います。

開口は写真の前歯のように、お口を閉じているにもかかわらず上の歯と下の歯の間に隙間があるかみ合わせを言います。


どちらの咬み合わせも、治療せずに放置しておくと将来的な骨格形成に問題を生じる場合があります。

ごきそ歯科医院では上記のような子供の早い時期での不正咬合に関する情報を写真付きで発信をさせていただいています。

どうぞ合わせてご覧ください。

子供の矯正はいつから始めるの??

よく頂く質問です(^v^)

子供によって差はありますが、一般的には5~6歳で、下の前歯が大人の歯と交換する時期が、矯正を始める一つのポイントとなります。

筋肉のアンバランスからくる反対咬合(受け口)の治療は3歳からが適応となっていますが、3歳で装置を入れることができる事が条件となってきますので、焦らず、治療を落ち着いて出来るようになる時期(5~6歳)を待って装置を入れても遅くはありませんよ(*^_^*)

反対咬合(受け口)

上の写真は7歳の男の子です。下の4本(永久歯)の歯がキレイに並んでいないことが主訴で来院されました。このように、下の前歯が永久歯と生え換わる時点で歯並びに問題がある場合は治療を開始するよい時期となります。

子供の歯に関する事、歯並びに関する事で分からないことは多いと思います。メールでのご相談は無料ですのでご利用ください(^v^)

image_009.gif

床矯正の治療開始時期

ごきそ歯科医院のHPでも何度か子供の矯正治療の開始時期と装置についてお話させていただきました。

今回はその中でも最近特に話題となっている床矯正についてお話させていただきます。

子供の矯正には簡単に大きく分けて2つのステージがあります

1st stage  上下の顎のバランスを整える

       将来的に萌出する永久歯のスペースを確保する

2nd stage  実際にワイヤー等を利用して歯を並べる

床矯正装置は上記の1st stageに使われます。装置に小さなワイヤーを組み込んで部分的に歯を動かしたり、顎の大きさを大きく(拡大)したりして、将来的に永久歯が無理なく生えるスペースを確保する事がこの装置の目的です。

一般的には下の前歯が永久歯に生え換わる時期(5~6歳)くらいから、始められるのが良いと思います。

ごきそ歯科では子供の矯正歯科を「歯列育成治療」と言っています。歯列育成治療は子供が本来持っている顎の成長能力を促して、できるだけ無理なく永久歯が生えるように促す治療です。

子供の矯正歯科(歯並び)・歯列育成治療に関してはこちらからどうぞ。

子供のかみ合わせ(歯並び)で早期治療をおススメする場合があります

子供の矯正治療には大きく分けて目的が二つある

1.上下の顎の成長のバランスを整える

2.歯並びをキレイにする

一般的に矯正治療と言うと2.の歯並びに注目しがちですが、乳歯列期から混合歯列期の子供の矯正では歯並びをキレイにすること以上に、上下の顎の成長のバランスを整えてあげることを優先する場合があります。

どのような場合に成長のバランスを整えることを優先するのでしょうか?

1.交叉咬合

2.反対咬合

3.口腔習癖

などがみられる場合は早い段階から治療をお勧めします。

各理由について追って詳細をアップする予定です。

ごきそ歯科の矯正専門サイトにて、子供の不正咬合で早く治療をしたほうがよい場合について詳しく説明させていただいています。ぜひ合わせてご覧ください。

ごきそ歯科の子供の矯正歯科専門サイト 

「ハ」の字状態の子供の前歯 前歯の歯並び

前歯が乳歯から永久歯に生え換わる時期に、「ハ」の字のような状態で生えてくる事があります。

正中離開

理由はなんでしょうか?

ごきそ歯科医院の子供の矯正歯科専門サイトで詳しく解説させていただいております。ぜひご覧ください

PAGETOP
Powered by ブログdeデンタルBiZ