歯周病・小児歯科に取り組む・ごきそ歯科
ひとりごと
  • HOME »
  • ブラッシング方法

ブラッシング方法

正しいブラッシング方法が歯周病、虫歯予防には大切です!

歯周病、虫歯予防にブラッシングは欠かせません。そして、正しいブラッシングには、歯ブラシの選び方、持ち方、動かし方、そして、どこを磨くか!!ということが重要になりますので、一つづつ説明いたします(*^_^*)

正しいブラッシング方法について

(1)歯ブラシの選び方

  1. ヘッド(毛の付いている部分)は小さめ
  2. 柄(手で持つ部分)はストレート
  3. 毛は柔らかすぎず、硬すぎず(柔らかめ~普通) 硬すぎると歯肉を傷つけてしまいます
  4. 毛の全体が平らなもの  山切りカットのような凸凹があるものはオススメできません

(2)歯ブラシの持ち方

プラーク(歯垢)を落としたいという、強い意識から、ついつい強い力でゴシゴシ磨きがちです。ペングリップ(鉛筆持)ちでやさしく磨いても十分に汚れは取れます。

(3)磨き方

一度に全体を磨くのではなく、小さな範囲(2~3歯)をこまめに磨きましょう(欲を言えば1歯づつ)。1ブロック(2~3歯)あたり10回(10往復)を目標にブラシを振動させるようにして動かしましょう。ブラシの動きが小さいほど、細かい汚れが効果的に除去できます。

(4)どこを磨くのか?

  1. 歯と歯の間
  2. 歯と歯茎の境目(歯の根元)
  3. 奥歯のかみ合わせの凸凹した部分

これらの個所を特に重点的に磨いてください。磨く順番を決めると磨き忘れがなくていいと思われます。また、歯ブラシがきちんと磨きたい場所にあたっているかを手鏡等で確認して磨いてください。

(5)歯ブラシの定期的な交換

毛が広がってしまった歯ブラシでは効果的なブラッシングは出来ません。高価な歯ブラシでも同じものをずっと使い続けていては意味がありません。小まめに変えて、毛が真っ直ぐな歯ブラシを使いましょう。

6)歯磨き粉の選び方

カリエス(虫歯)予防、歯周病予防、ホワイトニングなどの目的によって異なりますが、歯を健康に保つ(歯質の強化)ためにはフッ素やキシリトールが入っているものがオススメです。ただ、歯磨き粉はあくまでも補助的なものです。しっかりとした効果的なブラッシング方法で磨くことが大切です。


歯ブラシと歯

ごきそ歯科ではカリエス(虫歯)、歯周病予防を大切に考えています。治療の際に衛生士による適切なブラッシングのご指導をさせていただいています。

適切なブラッシング方法を身につけて、カリエス(虫歯)・歯周病を予防し、いつまでも自分の歯で食事ができるようになりましょう。

その他にブラッシング、歯間ブラシに関する記事をアップしていますので、合わせてご覧ください。

1、いつまでも美しい歯で!パナソニック ポケットドルツ(携帯用電動歯ブラシ)の紹介

2、毛先が大切 ブラッシングをするうえでとても大切なことです

3、歯周病、虫歯予防には正しいブラッシングを  中日新聞に掲載されていました

4、歯間ブラシ 正しい使い方で使っていますか?

5、熱血指導といえば やはりこの人ですよね!! 松岡修三さんがブラウンオーラルBのお話をしています

ごきそ歯科の歯周病治療に関してはこちらからどうぞ。

いつまでも美しい歯で!!

近年、電動音波歯ブラシを使われている方が増えています。お口の中の事に興味を持っていただける事は本当に良い事だと思っています。

一般的には洗面台に据え置き型の電動歯ブラシが主流ですが、最近では女性に人気のあるデザインで、マスカラサイズの小さな携帯型のものが流行っているようです。

私自身もいつも感じていますが、やはり男性も女性も口元がキレイだと印象が良いですよね。食事をした後、大切な人と会う前、気分転換にと、それぞれのシーンに合わせてオシャレな歯ブラシでブラッシングをしましょう!

いつまでも美しい歯

毛先が大切!

みなさん、歯磨き(ブラッシング)をする特にどのような事に注意して磨いているでしょうか?

ブラッシングで大切な事は、磨きたい箇所にしっかりと歯ブラシの毛先が当たる事が重要なのです。

歯ブラシの毛先が当たる事が重要

そのためには!

  1. 鏡でブラシの毛先が磨きたい歯にしっかり当たっているかを確認しながら磨く。
  2. 歯磨き粉を最初から使うと泡で細かいところが見えなくなる上に、磨けていなくても清涼感が出て磨けていると勘違いしてしまうので、最初は歯磨き粉を付けない。
  3. 歯と歯の間に毛先が入るようにして磨く。

などがおススメです。

大切な事はプラークコントロール

歯周治療で一番大切な事はプラークコントロールです。ごきそ歯科医院では治療前に毎回ブラッシング指導させていただいています。効果的にブラッシングが出来るように一緒に頑張りましょう。

 

この記事をご覧になった多くの方が、正しいブラッシング方法に関する記事も合わせてご覧になっています。

歯周病や虫歯の予防には正しいブラッシング方法が重要ですはこちらからどうぞ。

歯周病・虫歯予防には正しいブラッシングを

中日新聞の健康と医療

中日新聞の健康と医療で「コツを抑えて歯磨きを」と言う記事が掲載されていました。

歯磨きしない人はいないと思いますが、確実に磨けている方は意外と少ないのです。せっかく歯磨きの習慣があるのであれば、正しい知識で正しい歯磨きをしましょう!

この記事をご覧になった多くの方が

歯周病・虫歯の予防には正しいブラッシング方法が重要ですを合わせてご覧になっています。

歯間ブラシ 正しい使い方で使っていますか?

みなさん、歯間ブラシを正しく使っていますか(^v^)?

多くの方が歯間ブラシを使っていると思いますし、知らない人はほとんどいないと思いますが、正しい使い方を知っている方は意外と少ないのです!

多くの方が、歯間ブラシは、歯と歯の間に詰まった食べ物のカスを取る道具だと思っているようですが、実はそれが目的ではありません。

歯間ブラシの目的は普通の歯ブラシでは除去できない歯と歯の間に毛先を入れ、プラークを効率的に除去する道具なのです。

そして、入れるだけではなく、歯間ブラシは、その名の通り歯ブラシなので、針金の先についているブラシの毛先を何度も出し入れし、ゴシゴシと歯に当てることによって初めて汚れが取れるのです。

 

ごきそ歯科医院の歯周病専門サイト

でもご紹介しておりますが、頑張って歯を磨いているにもかかわらず歯周病が治らない方の大半が、歯と歯の間のケアが出来ていません。歯ブラシも歯間ブラシも道具ですので、正しい使い方をぜひ身につけてください。

bnr_234x60-2.jpg

熱血指導と言えば!やっぱりこの人ですよね(^v^)

松岡修三さんがCM出演するブラウンオーラルB

今日は熱血指導でおなじみの松岡修三さんがCM出演するブラウンオーラルBの話題です(^v^)。松岡修三さんにあの熱血ぶりでブラッシングしどうされたら、歯周病も早く治りそうですね!!

ブラウンオーラルBのサイトはこちらからどうぞ。

ごきそ歯科医院でも、多くの患者さんからどのような歯ブラシを使ったらよいのか?と言う、ご質問をよくいただきます。

結論は簡単で、基本的には一番シンプルな形状、硬さがお勧めです。

また、電動歯ブラシでも、普通の歯ブラシでもどちらでも構いません。要は、しっかり磨けていれば良いのです。

ごきそ歯科医院では、子供はもちろん、大人の方でも今改めてブラッシングの練習をし、歯周病、虫歯の予防をしたいと来院される方が毎日多くいらっしゃいます。みなさん、お気軽にお越しください(^v^)お待ちしております!

 

bnr_234x60-2.jpg

ごきそ歯科医院の歯周病治療、予防歯科治療専門サイトです。

PAGETOP
Powered by ブログdeデンタルBiZ